伊豆下田観光協会公式サイト

translation


※画像はアロエの花が満開になる1月に撮影したものです。
伊豆白浜(下田市白浜)はアロエが多く自生していて、民家の軒先などにも必ずといっていいほど植えられています。露地でキダチアロエが育つ環境は全国的にも無雪、無霜の場所に限られ、当地のように群生出来るところは稀と言われています。

アロエの花言葉・・・・

それは

「永久の健康」 * * *

また、

「医者いらず」とも言われています。

下田で育った私は、子供の頃、転んで傷を作って帰ってくると、祖母がアロエを塗ってくれました。

でも、アロエの魅力は傷を癒すことだけではないんです!

ここ伊豆白浜では、白浜民宿研究会の皆さんを中心に、アロエの料理を民宿の宿泊プランとしてご提供しています。
20年以上前アロエブームが沸き起こり、元々アロエが多かったこの土地で伊豆白浜観光協会主催 アロエ祭り(今のアロエの花祭り)が開催されることになりました。

このお祭りをきっかけに、民宿(当時約20軒程)で集まりアロエの料理の勉強や研究を重ね、お客様に召し上がっていただけるまでにされたとのこと。

【アロエの効能】
■肌を引きしめる
■成人病に効力発揮
■免疫力を増幅させる
■ホルモンのバランスを整える
■脂肪を減少させる
■悪玉コレステロールを減少させる
■血液をさらさら綺麗にする

こんなに素敵な効能のあるアロエ、民宿の宿泊プランを利用されると、食べるアロエだけでなく、アロエ風呂にも浸かれるという、正にアロエ三昧をご体験いただけますよ!


 

先日、市民を対象としたアロエ料理教室を取材してきましたのでご紹介します。

思っていた以上に癖がない!

美味しい!

苦くない!

・・・家でも私でも作れるかも!?

と言った、予想外の感想を抱えて書いたレポです。


↑アロエ料理には下ごしらえが必要。まずは、緑のトゲトゲした皮を剥き透明な身(?)の部分を湯がきます。


↑湯がいたら水で冷やします。


↑これはアロエの葛きり風柚子蜜仕立て(甘味)作りの様子。下ごしらえして冷やしたアロエに蜜を和えます。


↑アロエと、玉ねぎ、にんじん、さや豆、さつまいも、ひじき等を使ったかき揚げを作ります。


↑揚げてるそばから大変良い香りが漂ってきます。


↑甘味作りは下田の創作和菓子店ロロ黒船の職人さんに教えてもらいました。


↑アロエ入りかき揚げ。使った食材からしてヘルシー!


↑アロエのお寿司。一見、白身魚のお寿司かと思いました。酢飯にも合います!


↑アロエの葛きり風柚子蜜仕立て(甘味)。ツルツルしたのど越しのアロエと、爽やかな柚子の風味が大変マッチします。これからの季節におススメです。


↑作った後は試食会。作った感想や食べた感想など語り合いました。


↑今回はグループに分かれての調理となりました。白浜民宿研究会の方と生徒さんたちです。

白浜民宿研究会加盟の民宿の方のお話しの中で、赤いアロエの花が咲くころ(1月)は、アロエの花を天ぷらにしてお客様にお出ししているようです。
赤いアロエの花が食卓を彩っている様子を想像すると、試してみたくなる筆者でした。

アロエ三昧の宿泊プランをご希望の方は、民宿 南風(下田市観光協会加盟宿泊施設)がございます。⇒http://minshuku-minamikaze.com/

その他の民宿は、伊豆白浜観光協会にお問い合わせください。
⇒℡ 0558-22-5240

下田市観光に関するお問い合わせは・・・
下田市観光協会へ
℡0558-22-1531


今回乗馬させてもらった馬の名前は、クールデュード君(25歳)。
優し目に艶のある体、・・出会った瞬間にこの子の魅力に取りつかれました。


稲葉ホースファミリーは、龍宮窟やサンドスキー場で有名な下田市田牛(とうじ)にあります。



馬と緑の色合いが、なんとも風情があって、すぐそばに海があるなんて思えません。


私たちが到着すると、待っていてくれたオーナーの稲葉さんとクールデュード君。


今回体験するのは、世界一の海づくりプロジェクトし~もん案内所スタッフの土屋さんと、某団体の記者 小松さん。


し~もん案内所の土屋さんから装備を装着。引き馬体験者の土屋さんの今日の目標は、常歩から速歩。


グローブをはめて


ヘルメットも装着。


流石乗馬経験者。軽々と馬に乗ります。
あっという間に駆け足も。稲葉さんに教えてもらった通りに手綱を動かすと、初心者でも簡単!でも、ついつい力をいれて手綱を引いてしまい、稲葉さんに「引っぱらないで」と注意をもらいました。


あっという間にクールデュード君と息が合い、あっという間に1人で駆け足が!


約45分の体験を終わりました。クールデュード君、ありがとうね(^^)


続いて、初めての乗馬体験をする小松さん。乗る前は不安を話されていましたが、馬に乗ると笑顔!


引き馬を体験しながら、あっという間に馬に慣れて楽しそう!

引き馬体験は装備はしませんが、そのまま駆け足コースまで体験となり改めて装備。乗馬の魅力にはまるのにあっという間です♡



今回の体験でこのクールデュード君を選んだ理由は、おとなしくて、物おじしない性格で、学習能力が高く乗馬体験者の経験が多いベテランさんとのこと。
この静かな田牛の山奥でも、たまに物音がするだけで反応してしまうほど馬は神経質なんだとか。我々のような超初心者にこんなベテラン馬さんに乗らせてもらい安心して体験できました。


乗馬クラブってお高いイメージもありますが、空気が美味しいローケーションで聡明な馬と触れ合えるのなら楽しめます!
下田観光の合間にいかがでしょうか(*^_^*)


乗馬体験後の休憩や食事におススメなのはここ「カフェ メロー」。


スイーツから、バーガー・ピザなどの食事まで楽しめるので、乗馬で心地よく疲れたら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

*今回紹介した施設
・稲葉ホースファミリー http://horseno1.sakura.ne.jp/
・カフェ メロー http://cafe-mellow.com/
・世界一の海づくりプロジェクト し~もん http://seamon.info/

ご自由にダウンロードしてご利用ください。

使用方法
1)サイト内「検索ウィンドウ」※すべての写真からご希望の画像を選択

2)「検索」ボタンをクリック

3)気に入った画像をダウンロード

4)「オリジナル画像を表示」をクリックすると1M~7M(撮影時設定のサイズ)でご利用いただけます。

お願い)
・サイト内の画像について、ご質問等があれば当協会までお問い合わせ・ご確認ください。

・サイト内の画像につきまして、ご自由にご利用いただけます。但し、掲載媒体のご提供(サイト掲載につきましてはメール等にて)ご提供ください。

画像管理:(一社)下田市観光協会
〒415-0001静岡県下田市外ヶ岡1-1
℡0558-22-1531  ・✉ info@shimoda-city.info

 


▼下田ガイドMAP PDFダウンロードはこちら(約9MB)
http://www.shimoda-city.info/pdf/guidemap.pdf

 

下田で「食べ」て「遊んで」「買う」情報満載なのが「下田ガイドマップ」!
お店によって、嬉しいサービスもつくので下田観光の必須アイテムです。
市内案内所や宿泊施設で入手できます。

下田ガイドマップは、下田市内を散策するのに、便利なMAPです。
市内の各お店、マップに掲載されている各施設で、
★印のついているお店ではお得なサービスをご提供しております。

下田観光には、欠かせないアイテムですので、是非ご利用下さい。

 

(配布先)
「下田ガイドMAP」は、下田市内の各場所で配布しております。
・下田市観光協会 ・下田市観光協会駅前案内所 ・伊豆急下田駅 ・下田市内各施設

いよいよ下田の春爛漫を楽しめる季節が訪れようとしています。

下田市には、日本を代表する桜(染井吉野・枝垂れ桜・・・)の名所がございます。
そして、桜と並んで下田の春を代表する「しだれ桃」は、喧騒から離れた老舗温泉旅館が佇む蓮台寺の鈴木邸の庭先一帯とその周辺でご覧になれます。見事な枝垂れ花桃は、30年ほど前から接ぎ木せず、種から育てられて、今でも少しずつ増やしているそう。

また、この時季、地域の人達による「蓮台寺しだれ桃の里祭り」を開催。(3月25日~4月2日)。
今はまだツボミですが、満開のしだれ桃はおとぎ話でイメージするような桃源郷です(^^)!


<↑クリックするとオリジナルサイズで見られます>

 


平成29年3月24日のしだれ桃の開花の様子です。この木は割と開花が早いです。全体的にはまだまだツボミ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


満開の時はこの景色に出会えます!

このお祭りと併せて、是非、しだれ桃と情緒あふれる蓮台寺をお楽しみください。

 

また、長らく修復工事の為拝観ができなかった、天神神社の国指定重要文化財「大日如来像」の特別公開も行われますよ(^^)/
※10:00~15:00

この看板が目印!↓

大日如来像を見るにはこの階段を上り切りましょう!117段・・・↓

 

息が切れ切れ。でもきっと御利益があるはず。

 

本堂と左側の建物に大日如来像が祀られています。明日からの特別公開なので、今日は鍵がかかっていました。

神秘的な空気が漂う境内です。

こんな立派な根っこをもつ樹木もあり、パワーが感じられそう!

本物の大日如来坐像は、下田市蓮台寺天神神社でご拝観くださいませ(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
pagetop