伊豆下田観光協会公式サイト

translation

「明日、2時半から海老網やるよー」

という威勢の良い伊豆白浜のペンション女将の連絡に、一瞬怯む気持を隠し切れずに

「行けたら行くのでよろしくお願いします」と電話を切る。

それでも気合いを入れて寝ると目覚めもいいのか、連絡通りに起きて伊豆白浜板戸漁協へ行く。

 

今回協力いただいたのは、伊豆白浜にあるペンションとよしま、民宿 鳴海、そして、その2軒で所有している「豊漁丸」。
男性陣が船に乗り網を張り、翌早朝に船上から機械で巻き上げに行きます。そしてこの一度陸にあげに行く。このサイクルを1回の漁で3~4回程行い、終わるのは5時頃なんだとか。暗闇の中で始まって、暗闇の中で作業を終えます。

現場に行くと、既に鳴海の大女将と女将、とよしまの女将とスタッフの4人が灯光器の下で海老を網から外す作業を行っていました。

「伊勢えびは夜光性だからね~、真っ暗な夜でないとかからないんだよ。」

昼間の明るい時間はじっとしていて、夜、暗くなってから活動をはじめるそうです。

なるほど。高級な食材の秘密をひとつゲット・・・。

 


民宿 鳴海の大女将。「豊漁丸は代々伊勢えび漁をやっていたんだ。この辺は昔は海女さんもたくさんいてねぇ。私も若い時は潜ったもんだよ」。

優しく話をしてくれる大女将。元気の源は、下田の海と一緒に暮らしてきたことも関係しているのか。

 

月も照らさない真っ暗な海から響く潮騒の音と、伊勢えびのキィキィという鳴き声の中、船が帰ってきました。

カゴに入れられた、網にかかったままの伊勢海老をそのまま陸にいる人たちが引き上げると、2回目の引き上げに颯爽と出かけていきました。

「こんなに小さい伊勢えびもとれるんだよー」

覗いてみると、8cm程度のかわいすぎる伊勢えびが・・・。

「こんなに小さいのは漁協ではじかれちゃうからね。大きくなって戻っておいで・・。と気持ちを込めて放流するんだよ。」

納得・・・。

そして再び作業開始。皆さん気がしれている仲・・といった感じで、楽しくおしゃべりしながらエビを網から外しています。

フト・・・疑問に思った筆者。そんなはずはないだろうと思いながらも

「網の色によってエビのかかりが違うことってあるんですか?」

と質問。

「そうねぇ。赤い網はいいって言うわよ」

ナント!たまたま偶然なのか、伊勢えびが好む色なのか・・・網の色にも理由があるんですね!高級食材の秘密2つめゲット。

ちなみに、使い捨てだと安易に思ってしまったこの網も、持ち帰って洗ったら、切れたところは縫って使い回しているそうです。

 


↑この日一番の大物! 「こんなに大きいのは珍しいわよ!」と。筆者も水槽で売られている伊勢えびでもこれ程のものは見たことありません。


海老網にはいろいろな魚介類もかかるんだとか。今日は、サザエにヒラメ、ブダイもありました。

「あそこでエビとってるよ!」という声に、間近で見る伊勢えび漁。船の灯りが水面にうつってなんとも言えない雰囲気がありました。

3回目(本日は最終)の船が帰ってきたのは3:45頃。

6時くらいに漁協に引き渡して、今日の海老網は終了になります。

今回協力していただいた、ペンションとよしまと民宿 鳴海のように伊勢海老漁を行っている宿泊施設は、足やひげが取れてしまった、漁協で引き取ってもらえない伊勢えびを宿泊のお客様に提供しているので、正に格安で、伊勢えびと宿泊ができる、とっても嬉しいプランを提供中できる訳なのです。

これから水温が下がると、伊勢えびは取れなくなってくるので、水温も丁度いい「今」が伊勢えびの旬と言っていいのではないでしょうか。

下田市観光協会 宿泊×伊勢えびプランは下記のページ オンライン予約によって簡単に予約をしていただけます。

⇒ http://www.shimoda-city.info/blog/archives/223

是非、伊勢えびを召し上がりに、下田にお越しくださいませ!

 

ちなみに、ペンションとよしまのお客様の中では、刺身とボイルのリクエストが多いそうです。そして女将さんの一押しは「蒸し」と「焼き」なんだとか。

 

お問い合わせ⇒下田市観光協会 0558(22)1531

 

 

 

 

 

 

 

 

地元だから知りえる
地元だから知りえる最高のロケーション
×
プロ写真家指導による撮影会
×
フォトコンテストという新しい体験
TRIP SHOT CONTEST 2017
in 伊豆下田

produced by 下岡蓮杖フォトコンテスト

2017年10月28日(土)~10月29日(日)

古くは東・西廻り海運の風待ち湊として栄え、ペリーによる黒船来航、そして日本写真の開祖の一人として知られる下岡蓮杖を生んだまちとして知られる下田。
今も、当時の面影を残す町なみ。日本最高の水質を誇る美しい海。壮大な自然を堪能できるジオサイト。
それらの環境が育んだ優れた食文化に、手仕事によるモノづくり文化など、フォトジェニックな魅力にあふれるこの町は、CMや映画のロケーションとしても使われ、最近では、水戸岡鋭治氏デザインの「ザ・ロイヤル・エクスプレス」が運行されるなど、注目を集めています。
そんな下田を舞台に行われる2日間のイベントが「TRIP SHOT CONTEST 2017 in 伊豆下田」です。ローカルだからこそ知りえる最高の楽しみ方を、下田写真部(下岡蓮杖プロジェクト)がプロデュース。さらに、カメラメーカーのニコンによる完全バックアップにより、ニコンの最新一眼レフカメラ100台をご用意。
下田の一番いいところを巡る最高のコースを、ニコンの機材を持ってプロ写真家と巡る、最高の撮影体験をご提供します。参加者は、5つのコースより自分に一番合ったものを選択。コースごとに講師と、使用できるカメラが変わります。

さらに、撮影会に参加された方を対象にフォトコンテストを開催下田で撮影したベストショットがコンテストにエントリーされ、優れた写真を撮られた方には、地元の名産をはじめとした賞品が授与されます。(参加者全員にもれなくお土産つき!)地元だから知りえる最高のまちとの出合い方×プロ写真家との撮影会×フォトコンテストという新しい体験にぜひご参加ください。

photo by 下田写真部

下岡蓮杖プロジェクトとは?

下田市の偉人である営業写真の開祖「下岡蓮杖翁」の足跡を調査研究し、その偉業を全国に発信。下田市の歴史遺産と併せて観光客増加のための観光資源の発掘を目的に、調査研究事業を実施している。 WEBサイトはこちら

 

【事務局】下田商工会議所
0558(22)1181

 

 今年のビッグシャワー 海洋浴の祭典はちょっと違う!

ボランティアスタッフを募集します!!

まず、知っていただきたいことが私たちビッグシャワー実行委員会の考え方★

①世界に誇る自然と白い砂浜へ感謝し、自然保護に寄与する。

②お客様の喜びと楽しみへの貢献と最高のサービスを提供する。

③自然と白い砂浜を世界に発信し、地域社会の進歩発展・繁栄と歴史文化の伝承に寄与する。

この3点にご賛同いただける方、今年は私たちと一緒にビッグシャワーの裏方・盛り上げ役として、イベントに参加してみませんか?


【活動日時】
・9月7日(木)  9:00~16:00
・9月8日(金)  9:00~17:00
・9月9日(土)  6:00~22:00
・9月10日(日) 6:00~17:00
内3時間~のご参加で受付します。

ボランティアスタッフの方を1人(又はボランティアスタッフだけ)で活動してもらうことはありません。

実行委員メンバーから参加者への担当を決め、時間内は一緒に活動していただきます。

具体的な活動は、会場設置やマイ箸等の洗い物、受付、クリーン作戦等になります。
詳しいことは担当実行委員がお教えします。
男性でも女性でも、なるべくその方にあった活動で配置させていただきます。

そして・・・・

もし、担当者が運営にとまどったり手一杯になるなどしてしまったら、一緒に悩んだり、代わりに場についてください。
もちろん、ご自分で気が付いたことがあれば、いいと思う行動をしてくれたら最高です!


【服装について】

・動きやすい恰好でご参加ください。

・会場運営に関わる方は、安全のため運動靴をご持参ください。

【熱中症対策】

・本部の冷蔵庫にスタッフ用の飲み物が用意してありますので、ご自由にお飲みください。遠慮せず、水分補給はこまめにお願いします。

【お願い】

・活動中の飲酒。(お気持ちが痛いほど分かりますが、活動時間終了後まで耐えてください。終了後大いに盛り上がってください!)

・来場者とのトラブルは避け、対応に困ることがあれば即実行委員に助けを求めてください。

・交通費や日当はございません。遠方の方からのご参加も大歓迎ですが、交通及び宿泊の手配はご自身でお願いいたします。

【その他】

・活動時間内3時間~お申込みください。お昼を挟む時間帯の方には、食事代1食500円を支給させていただきます。

・万が一事故などが発生した場合を想定して、イベント保険を掛けさせていただきます。幸いなことに歴代の実行委員の配慮もあり、今まで大きな事故や怪我人が出ることはありませんでしたが、何にしても何が起こるか分かりません。もちろん、当会負担です。

 

活動内容は以上となります。

興味のある方は、お気軽にお申込みください。

一緒にビッグシャワーを盛り上げましょう\(^o^)/


お申込みの際は、2枚目の参加申し込み用紙にご記入の上、下田市観光協会までファックスでお送りくださるか、お持ちください。
又は、お電話でのお申し込みもお受けいたします。
➔(一社)下田市観光協会 ℡0558-22-1531・fax0558-22-1533

 【PDF】

【PDF】


【過去の実行委員の活動の様子】

←本部

 ←本部

大会最終日。

3日間とも海の状況も良く毎日釣果を期待していた今年のカジキ釣り大会もついに最終日となりました。
今年は85チーム/434名の選手がここ下田港に集結し、巨大カジキとの一騎打ちのドラマをみせてくれました。


[同会場 マリンフェスタ下田の様子]


今日はカジキの解体ショーが実施されました。市内飲食店 焼肉「あ・うん」と居酒屋「こながや」の職人さんによって巨大なカジキが見事にさばかれていきます。


試食以上にしっかり1人前はあるカジキの切り身の塩焼き。


長蛇の列に並びカジキの塩焼きを食べる地元少年。毎年カジキ釣り大会に来ているとのこと。感想を聞くと「毎年カジキを見ているけど食べるのは初めて。こんな味がするんだ!おいしい!」と話していました。
会場では、他にも初めて口にされるお客様も多かったです。


カジキの塩焼きのお供に、地元業者 NATURAL FOODSが提供してくれたオリジナルのシーズニングソルトもまた好評でした。


下田の夏のイベントに欠かせない氷の彫刻も披露。下田の唯一氷の彫刻の職人は小料理屋「花水季」の職人さん。お店で出される料理も美しく、ドキッとするような職人技で見た目も味覚も評判の良い店です。


群馬からお越しのご家族様。海上保安部の制服を着て記念撮影されているところに潜入させていただきました。
皆さん似合ってます!


サザエが当たる抽選会も楽しんでいただけたかな?


[本日の結果]


Weight(魚の重量):70kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):重田弘樹
Club(所属クラブ):チームイグレック
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Dイカ場
Boat(船名):IGURECK


Weight(魚の重量):100kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):清水信
Club(所属クラブ):チームウルフ(A)
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Iヒョータン
Boat(船名):WOLF


Weight(魚の重量):120kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):藤沢宏樹
Club(所属クラブ):チームヤマハ
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Dイカ場
Boat(船名):Bautista


Weight(魚の重量):100kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):赤堀大輔
Club(所属クラブ):ホワイトタイガー
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Iヒョータン
Boat(船名):ホワイトタイガー


Weight(魚の重量):100kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):谷岡幸司
Club(所属クラブ):串本あど丸FC
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Gアテネ
Boat(船名):あど丸


Weight(魚の重量):117,4kg 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):松宮淳介
Club(所属クラブ):三代目Fujishiro Brothers
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Hヒョータン
Boat(船名):Angrex


Weight(魚の重量):124,25kg 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):小山健太郎
Club(所属クラブ):TEAM GODDESS
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Hヒョータン
Boat(船名):Statue of Liberty


Weight(魚の重量):130kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):植手 章
Club(所属クラブ):True Blue FC
Line Class(釣糸のクラス):15kg 30lb
Place Caught(釣った場所):J
Boat(船名):True Blue Ⅱ


Weight(魚の重量):100kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):青沼増美
Club(所属クラブ):ウェイビーライン
Line Class(釣糸のクラス):15kg 30lb
Place Caught(釣った場所):G
Boat(船名):WAVYLINE


Weight(魚の重量):70kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):池田慎太郎
Club(所属クラブ):アゲインファンタジア
Line Class(釣糸のクラス):15kg 30lb
Place Caught(釣った場所):ドングカ西
Boat(船名):FANTASIA


本日の結果はT&Rの8本とキャッチ2本。
大会開幕前より海の状況がよく、カジキが連れているという地元アングラーからの情報もあり、期待度も高い今大会。そして迎えた第39回 国際カジキ釣り大会。
開催3日間でストライク数93本、タグ&リリース20本、キャッチ9尾もの釣果がありました。

第39回 国際カジキ釣り大会団体総合の結果は、クロカジキを初日ランディングしたチームマハロが高得点を獲得し圧倒的優勝!

個人総合は団体総合優勝同様チームマハロの谷本聖巳さんが2位と点を引き離し優勝。

レディース賞はBlue Waterの佐々木つぼみさん。 何度かアングラーステージでお見かけし、2015年も同賞を獲得しています。

入賞された皆さん、おめでとうございます!今日の表彰式では大いに祝勝してください!

この国際カジキ釣り大会は、下田で開催されるようになり今年で39回目となります。 この39年間に1度も事故が無かった事は大変素晴らしく、参加チーム皆様方のルールを守っている徹底さがもたらしたものであり、カジキの釣果以外にも注目し評価したいところです。

最後に、参加チームの皆さん、JGFAのスタッフの皆さん、大会に協力して頂いた地元の皆さん、大会に花を添えて頂いたミス・ビルフィッシュの方、お疲れ様でした。今年も深い感動を与えてくれたこの海と魚達に感謝の意を表し、来年の熱い戦いに期待したいと思います。

第39回 国際カジキ釣り大会2日の今日は4本のタグ&リリースと、2本のランディングがありました。

マリンフェスタ下田の会場も音楽ライブやサザエが当たる抽選会で、来場のお客様に楽しんでいただけました。


海上保安部のキャラクターうみまる潜水士。ミスビルフィッシュのお二人に挟まれ記念撮影。
うみまる、やったね(^∇^)!


昨日に比べて風があったものの、会場(に限らず今日はどこも)暑い!テントの下で音楽ライブやアングラーステージをお楽しみいただきました。


今日は、昨日に引き続き風も弱く天気は上々凪の良い状況のもと、4本のタグ&リリースと、2本のランディングがありました。
ほぼ同じ海の状況なのに昨日に比べると少ない釣果・・・。なにが原因なんだろう・・と考えましたが、イヤイヤ、昨日が凄すぎたのだ・・。
とは言え、2日目も女性アングラーの活躍と、約120kg以上もの本物のカジキは、そのファイトしている様子を想像すると気持ちが熱くなるものがあります。

そして、今日第1番目にステージ登壇されたチーム清四郎さんは九州からの参加。その他にも、首都圏をはじめ関西など日本各地から、毎年、国際 カジキ釣り大会に参加するためにここ下田に集結されております。今年は87ものチームが参加されました。

優勝は、今のところ昨日200kg級のカジキを釣り上げたチームマハロと(個人的に)予想されますが、まだ分かりません!
釣果のあったチームも、そうでないチームも、明日の最終日で高得点を得れば優勝を狙える可能性もまだまだあります。
明日の海の状況も良い見込みです。皆さん、がんばってください!


クルーザーが並ぶ風景は美しい!


タグ&リリースの方がポイントが高いようですが(細かいルールがあるので言いきれません)、やっぱり本物のカジキは凄い!


検量と審査はアングラー立会いのもと、毎回きっちり行います。


糸の太さや長さも規定の1つ。審査を通ったアングラーが順位の対象となります。


下田湾沖でアングラーとの熱い一騎打ちの末亡くなったカジキの最期の姿を、ステージの上で綺麗に見て欲しいとJGFAのスタッフの方によって綺麗に整えられます。
JGFAの皆さんの、カジキへの敬意が感じらるシーンです。


[今日の釣果]
[魚の重さ]T&R 推定133 kg

[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]八谷博之
[チーム名]清志郎
[釣糸のクラス]24kg、lb
[釣った場所]トンガリ
[船名] 光明丸
[キャプテン]八谷博之


[魚の重さ]T&R 推定90kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]大谷彰宏
[チーム名]チームウルフ(A)
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]Hヒョータン
[船名] WOLF
[キャプテン]大谷彰宏


[魚の重さ]121,35Kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]布施徹
[チーム名]ソールズベリーFC.
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]ウドマアワセ
[船名] Salls berry
[キャプテン]高柳憲嗣


[魚の重さ]117,35Kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]佐藤勝美
[チーム名]オーバスフィッシングクラブ
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]Dイカ場
[船名] オーバス
[キャプテン]真間幸広


[魚の重さ]T&R 140Kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]高橋一郎
[チーム名]アドミラルFC
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]Dイカ場
[船名] ADMIRAL
[キャプテン]前田利幸


[魚の重さ]T&R 120Kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]小川湯代
[チーム名]MISS BAGHEERA
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]G トンガリ
[船名] MISS BAGHEERA
[キャプテン]園川鉄夫


[ヒーローインタビュー]


カジキは生涯初めて釣った。実は見るものはじめてと語るオーバスフィッシングクラブ佐藤さん。
今の気持ちを聞かれると、まだ実感がわいていない・・とのこと。
午前10時くらいにかかって40分くらいのファイト時間。お疲れ様でした!
明日最終日への意気込みは「あまり自信がないです」と控えめなお声。でも、チームからの後ろ押しで「もう2本頑張ります!   」と強気にお答えいただきました(^^)

早くも明日は最終日です。
どのチームもがんばってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
pagetop