伊豆下田観光協会公式サイト

translation

お吉祭り

お吉祭り

桜のもとで艶やかに行われるお吉の供養祭。

毎年3月27日、市内のお吉ヶ淵と宝福寺で、
開国史の悲劇のヒロイン・お吉の供養祭がとり行われます。
お吉ヶ淵では、下田芸妓衆や観光関係者による献花が行なわれます。

○お吉ヶ淵法要 10:00~
○宝福寺法要  10:45~

奉行所の命で米国総領事ハリスに17歳で仕え、
その後流浪の人生を送ったお吉は、1891年(明治24年)のこの日、
我が身の苦悩に耐えかね、お吉が淵に身を投じ、
数奇な一生を終えました。享年51歳でした。

奉公のために恋人・船大工鶴松と別離し、
奉公後は世間から「唐人」という名で蔑まされ、しばらく横浜へ移り住んだ後に
再び下田で髪結い業や小料理屋「安直楼」を開業しましたが不振に終わりました。

お吉祭り お吉ヶ淵
お吉ヶ淵

身寄りのないお吉の亡骸を引き取り供養したのが当時の宝福寺の住職で、
それ以来宝福寺はお吉の菩提寺となりました。

現在では新しく墓石も寄贈され、全国のお吉ファンや芸能人が参拝に訪れます。

お吉の悲しいエピソードは、後に多くの戯曲や歌、文学の題材になり、
後世に広く伝えられています。最近ではサザン・オールスターズにも
「唐人物語」として歌われ、若い世代にも知られるところとなりました。

お吉祭り 演芸大会
演芸大会

お吉の命日にあたる祭り当日は、毎年必ずのように雨が降ります。
お吉の無念の涙雨だと地元では囁かれます。
春雨に濡れて、哀愁漂う中にもどこか艶やかな雰囲気のあるお祭りです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
pagetop