伊豆下田観光協会公式サイト

translation

伊豆白浜はアロエの里!アロエ料理も楽しめます(^^)


※画像はアロエの花が満開になる1月に撮影したものです。
伊豆白浜(下田市白浜)はアロエが多く自生していて、民家の軒先などにも必ずといっていいほど植えられています。露地でキダチアロエが育つ環境は全国的にも無雪、無霜の場所に限られ、当地のように群生出来るところは稀と言われています。

アロエの花言葉・・・・

それは

「永久の健康」 * * *

また、

「医者いらず」とも言われています。

下田で育った私は、子供の頃、転んで傷を作って帰ってくると、祖母がアロエを塗ってくれました。

でも、アロエの魅力は傷を癒すことだけではないんです!

ここ伊豆白浜では、白浜民宿研究会の皆さんを中心に、アロエの料理を民宿の宿泊プランとしてご提供しています。
20年以上前アロエブームが沸き起こり、元々アロエが多かったこの土地で伊豆白浜観光協会主催 アロエ祭り(今のアロエの花祭り)が開催されることになりました。

このお祭りをきっかけに、民宿(当時約20軒程)で集まりアロエの料理の勉強や研究を重ね、お客様に召し上がっていただけるまでにされたとのこと。

【アロエの効能】
■肌を引きしめる
■成人病に効力発揮
■免疫力を増幅させる
■ホルモンのバランスを整える
■脂肪を減少させる
■悪玉コレステロールを減少させる
■血液をさらさら綺麗にする

こんなに素敵な効能のあるアロエ、民宿の宿泊プランを利用されると、食べるアロエだけでなく、アロエ風呂にも浸かれるという、正にアロエ三昧をご体験いただけますよ!


 

先日、市民を対象としたアロエ料理教室を取材してきましたのでご紹介します。

思っていた以上に癖がない!

美味しい!

苦くない!

・・・家でも私でも作れるかも!?

と言った、予想外の感想を抱えて書いたレポです。


↑アロエ料理には下ごしらえが必要。まずは、緑のトゲトゲした皮を剥き透明な身(?)の部分を湯がきます。


↑湯がいたら水で冷やします。


↑これはアロエの葛きり風柚子蜜仕立て(甘味)作りの様子。下ごしらえして冷やしたアロエに蜜を和えます。


↑アロエと、玉ねぎ、にんじん、さや豆、さつまいも、ひじき等を使ったかき揚げを作ります。


↑揚げてるそばから大変良い香りが漂ってきます。


↑甘味作りは下田の創作和菓子店ロロ黒船の職人さんに教えてもらいました。


↑アロエ入りかき揚げ。使った食材からしてヘルシー!


↑アロエのお寿司。一見、白身魚のお寿司かと思いました。酢飯にも合います!


↑アロエの葛きり風柚子蜜仕立て(甘味)。ツルツルしたのど越しのアロエと、爽やかな柚子の風味が大変マッチします。これからの季節におススメです。


↑作った後は試食会。作った感想や食べた感想など語り合いました。


↑今回はグループに分かれての調理となりました。白浜民宿研究会の方と生徒さんたちです。

白浜民宿研究会加盟の民宿の方のお話しの中で、赤いアロエの花が咲くころ(1月)は、アロエの花を天ぷらにしてお客様にお出ししているようです。
赤いアロエの花が食卓を彩っている様子を想像すると、試してみたくなる筆者でした。

アロエ三昧の宿泊プランをご希望の方は、民宿 南風(下田市観光協会加盟宿泊施設)がございます。⇒http://minshuku-minamikaze.com/

その他の民宿は、伊豆白浜観光協会にお問い合わせください。
⇒℡ 0558-22-5240

下田市観光に関するお問い合わせは・・・
下田市観光協会へ
℡0558-22-1531

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pagetop