伊豆下田観光協会公式サイト

translation

第39回 国際カジキ釣り大会 -大会最終日-

大会最終日。

3日間とも海の状況も良く毎日釣果を期待していた今年のカジキ釣り大会もついに最終日となりました。
今年は85チーム/434名の選手がここ下田港に集結し、巨大カジキとの一騎打ちのドラマをみせてくれました。


[同会場 マリンフェスタ下田の様子]


今日はカジキの解体ショーが実施されました。市内飲食店 焼肉「あ・うん」と居酒屋「こながや」の職人さんによって巨大なカジキが見事にさばかれていきます。


試食以上にしっかり1人前はあるカジキの切り身の塩焼き。


長蛇の列に並びカジキの塩焼きを食べる地元少年。毎年カジキ釣り大会に来ているとのこと。感想を聞くと「毎年カジキを見ているけど食べるのは初めて。こんな味がするんだ!おいしい!」と話していました。
会場では、他にも初めて口にされるお客様も多かったです。


カジキの塩焼きのお供に、地元業者 NATURAL FOODSが提供してくれたオリジナルのシーズニングソルトもまた好評でした。


下田の夏のイベントに欠かせない氷の彫刻も披露。下田の唯一氷の彫刻の職人は小料理屋「花水季」の職人さん。お店で出される料理も美しく、ドキッとするような職人技で見た目も味覚も評判の良い店です。


群馬からお越しのご家族様。海上保安部の制服を着て記念撮影されているところに潜入させていただきました。
皆さん似合ってます!


サザエが当たる抽選会も楽しんでいただけたかな?


[本日の結果]


Weight(魚の重量):70kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):重田弘樹
Club(所属クラブ):チームイグレック
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Dイカ場
Boat(船名):IGURECK


Weight(魚の重量):100kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):清水信
Club(所属クラブ):チームウルフ(A)
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Iヒョータン
Boat(船名):WOLF


Weight(魚の重量):120kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):藤沢宏樹
Club(所属クラブ):チームヤマハ
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Dイカ場
Boat(船名):Bautista


Weight(魚の重量):100kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):赤堀大輔
Club(所属クラブ):ホワイトタイガー
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Iヒョータン
Boat(船名):ホワイトタイガー


Weight(魚の重量):100kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):谷岡幸司
Club(所属クラブ):串本あど丸FC
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Gアテネ
Boat(船名):あど丸


Weight(魚の重量):117,4kg 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):松宮淳介
Club(所属クラブ):三代目Fujishiro Brothers
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Hヒョータン
Boat(船名):Angrex


Weight(魚の重量):124,25kg 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):小山健太郎
Club(所属クラブ):TEAM GODDESS
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Hヒョータン
Boat(船名):Statue of Liberty


Weight(魚の重量):130kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):植手 章
Club(所属クラブ):True Blue FC
Line Class(釣糸のクラス):15kg 30lb
Place Caught(釣った場所):J
Boat(船名):True Blue Ⅱ


Weight(魚の重量):100kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):青沼増美
Club(所属クラブ):ウェイビーライン
Line Class(釣糸のクラス):15kg 30lb
Place Caught(釣った場所):G
Boat(船名):WAVYLINE


Weight(魚の重量):70kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):池田慎太郎
Club(所属クラブ):アゲインファンタジア
Line Class(釣糸のクラス):15kg 30lb
Place Caught(釣った場所):ドングカ西
Boat(船名):FANTASIA


本日の結果はT&Rの8本とキャッチ2本。
大会開幕前より海の状況がよく、カジキが連れているという地元アングラーからの情報もあり、期待度も高い今大会。そして迎えた第39回 国際カジキ釣り大会。
開催3日間でストライク数93本、タグ&リリース20本、キャッチ9尾もの釣果がありました。

第39回 国際カジキ釣り大会団体総合の結果は、クロカジキを初日ランディングしたチームマハロが高得点を獲得し圧倒的優勝!

個人総合は団体総合優勝同様チームマハロの谷本聖巳さんが2位と点を引き離し優勝。

レディース賞はBlue Waterの佐々木つぼみさん。 何度かアングラーステージでお見かけし、2015年も同賞を獲得しています。

入賞された皆さん、おめでとうございます!今日の表彰式では大いに祝勝してください!

この国際カジキ釣り大会は、下田で開催されるようになり今年で39回目となります。 この39年間に1度も事故が無かった事は大変素晴らしく、参加チーム皆様方のルールを守っている徹底さがもたらしたものであり、カジキの釣果以外にも注目し評価したいところです。

最後に、参加チームの皆さん、JGFAのスタッフの皆さん、大会に協力して頂いた地元の皆さん、大会に花を添えて頂いたミス・ビルフィッシュの方、お疲れ様でした。今年も深い感動を与えてくれたこの海と魚達に感謝の意を表し、来年の熱い戦いに期待したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
pagetop