伊豆下田観光協会公式サイト

translation

今限定!蓮台寺しだれ桃の里祭り開催中!

下田市蓮台寺地区では、本日3月31日~4月8日の期間、しだれ桃の里祭りを開催します。

今、見頃を迎えている枝垂れ花桃と、公開日限定の国指定重要文化財の大日如来坐像を見ることができます。

どちらも「今限定」。是非足をお運びください(^^)/


【しだれ花桃】
約40年前に自宅の庭に桃の種を植え始めた鈴木邸が中央会場となります。周辺には約300本の桃の木が植えられています。1本の木に豊かに花をつけた木や、木の下には菜の花・スズラン・水仙・すみれなど春の花が一斉に咲き、大変見応えがあります。
そして、花桃の魅力の色合いが素晴らしい!1本の木から白やピンクの花が咲く姿はまるで桃源郷のような光景で、訪れた人の目を楽しませてくれます。
(撮影日H30,3,31)


小さいお子様も遊びに来ていました^^。親御さんに許可をいただき撮影。花桃の中を楽しそうに歩いていました。


蓮台寺は温泉の湯量豊富な場所でもあります。


祭り期間中は9:30~売店も設置。サンマ寿司や野菜、みかんなど地場産品の買い物をお楽しみください!


1年中柑橘類が絶えない伊豆ですが、春~初夏にかけてはいろいろな種類のみかんが登場します(^^)/


伊豆白浜の郷土料理さんま寿司も販売しています。


【天神神社 大日如来坐像】
大正9年4月15日に国指定重要文化財に登録された下田市蓮台寺の大日如来坐像と、京都の国宝修理所で修繕を終えご帰還されたばかりの四天王立像(下田市指定有形文化財)が見ることができるのは年に3回の特別公開日のみ!


像高1,1m、桧材寄木造り、宝冠を被り、両手は胸の前で智拳印を結ぶ金剛界の大日如来です。お顔はご覧の通り、豊かな肉付きの顔かたちと、うつむいた眼差しは円満な相貌を表し、大変穏やかな雰囲気を感じられます。
制作は鎌倉時代初期と考えられており、作者不明。大仏の作者は作品に名を刻まないということと、かなり昔のもので判明できないそうです。


大日如来坐像をお守りし、御仏には邪悪なものの指1本触れさせまいと四方を固める四天王立像(下田市指定有形文化財)。こちらは広目天(西本の守護神)。像高104cmほどで江戸時代初期の作と考えらえられています。肌色で筆と巻物を持っています。「通常ではない眼をもつ者」という意味で、あらゆるものを見通す知恵を持ちます。


大日如来坐像と四天王にお子様たちも見入っていました。


天神神社この石段を登りきると境内が。しかし117段・・・。下りはいいのですが上りは息が切れます。左側へ回るとあるゆるやかな回り道(階段)をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
pagetop