伊豆下田観光協会公式サイト

translation

 今年のビッグシャワー 海洋浴の祭典はちょっと違う!

ボランティアスタッフを募集します!!

まず、知っていただきたいことが私たちビッグシャワー実行委員会の考え方★

①世界に誇る自然と白い砂浜へ感謝し、自然保護に寄与する。

②お客様の喜びと楽しみへの貢献と最高のサービスを提供する。

③自然と白い砂浜を世界に発信し、地域社会の進歩発展・繁栄と歴史文化の伝承に寄与する。

この3点にご賛同いただける方、今年は私たちと一緒にビッグシャワーの裏方・盛り上げ役として、イベントに参加してみませんか?


【活動日時】
・9月7日(木)  9:00~16:00
・9月8日(金)  9:00~17:00
・9月9日(土)  6:00~22:00
・9月10日(日) 6:00~17:00
内3時間~のご参加で受付します。

ボランティアスタッフの方を1人(又はボランティアスタッフだけ)で活動してもらうことはありません。

実行委員メンバーから参加者への担当を決め、時間内は一緒に活動していただきます。

具体的な活動は、会場設置やマイ箸等の洗い物、受付、クリーン作戦等になります。
詳しいことは担当実行委員がお教えします。
男性でも女性でも、なるべくその方にあった活動で配置させていただきます。

そして・・・・

もし、担当者が運営にとまどったり手一杯になるなどしてしまったら、一緒に悩んだり、代わりに場についてください。
もちろん、ご自分で気が付いたことがあれば、いいと思う行動をしてくれたら最高です!


【服装について】

・動きやすい恰好でご参加ください。

・会場運営に関わる方は、安全のため運動靴をご持参ください。

【熱中症対策】

・本部の冷蔵庫にスタッフ用の飲み物が用意してありますので、ご自由にお飲みください。遠慮せず、水分補給はこまめにお願いします。

【お願い】

・活動中の飲酒。(お気持ちが痛いほど分かりますが、活動時間終了後まで耐えてください。終了後大いに盛り上がってください!)

・来場者とのトラブルは避け、対応に困ることがあれば即実行委員に助けを求めてください。

・交通費や日当はございません。遠方の方からのご参加も大歓迎ですが、交通及び宿泊の手配はご自身でお願いいたします。

【その他】

・活動時間内3時間~お申込みください。お昼を挟む時間帯の方には、食事代1食500円を支給させていただきます。

・万が一事故などが発生した場合を想定して、イベント保険を掛けさせていただきます。幸いなことに歴代の実行委員の配慮もあり、今まで大きな事故や怪我人が出ることはありませんでしたが、何にしても何が起こるか分かりません。もちろん、当会負担です。

 

活動内容は以上となります。

興味のある方は、お気軽にお申込みください。

一緒にビッグシャワーを盛り上げましょう\(^o^)/


お申込みの際は、2枚目の参加申し込み用紙にご記入の上、下田市観光協会までファックスでお送りくださるか、お持ちください。
又は、お電話でのお申し込みもお受けいたします。
➔(一社)下田市観光協会 ℡0558-22-1531・fax0558-22-1533

 【PDF】

【PDF】


【過去の実行委員の活動の様子】

←本部

 ←本部

大会最終日。

3日間とも海の状況も良く毎日釣果を期待していた今年のカジキ釣り大会もついに最終日となりました。
今年は85チーム/434名の選手がここ下田港に集結し、巨大カジキとの一騎打ちのドラマをみせてくれました。


[同会場 マリンフェスタ下田の様子]


今日はカジキの解体ショーが実施されました。市内飲食店 焼肉「あ・うん」と居酒屋「こながや」の職人さんによって巨大なカジキが見事にさばかれていきます。


試食以上にしっかり1人前はあるカジキの切り身の塩焼き。


長蛇の列に並びカジキの塩焼きを食べる地元少年。毎年カジキ釣り大会に来ているとのこと。感想を聞くと「毎年カジキを見ているけど食べるのは初めて。こんな味がするんだ!おいしい!」と話していました。
会場では、他にも初めて口にされるお客様も多かったです。


カジキの塩焼きのお供に、地元業者 NATURAL FOODSが提供してくれたオリジナルのシーズニングソルトもまた好評でした。


下田の夏のイベントに欠かせない氷の彫刻も披露。下田の唯一氷の彫刻の職人は小料理屋「花水季」の職人さん。お店で出される料理も美しく、ドキッとするような職人技で見た目も味覚も評判の良い店です。


群馬からお越しのご家族様。海上保安部の制服を着て記念撮影されているところに潜入させていただきました。
皆さん似合ってます!


サザエが当たる抽選会も楽しんでいただけたかな?


[本日の結果]


Weight(魚の重量):70kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):重田弘樹
Club(所属クラブ):チームイグレック
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Dイカ場
Boat(船名):IGURECK


Weight(魚の重量):100kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):清水信
Club(所属クラブ):チームウルフ(A)
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Iヒョータン
Boat(船名):WOLF


Weight(魚の重量):120kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):藤沢宏樹
Club(所属クラブ):チームヤマハ
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Dイカ場
Boat(船名):Bautista


Weight(魚の重量):100kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):赤堀大輔
Club(所属クラブ):ホワイトタイガー
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Iヒョータン
Boat(船名):ホワイトタイガー


Weight(魚の重量):100kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):谷岡幸司
Club(所属クラブ):串本あど丸FC
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Gアテネ
Boat(船名):あど丸


Weight(魚の重量):117,4kg 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):松宮淳介
Club(所属クラブ):三代目Fujishiro Brothers
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Hヒョータン
Boat(船名):Angrex


Weight(魚の重量):124,25kg 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):小山健太郎
Club(所属クラブ):TEAM GODDESS
Line Class(釣糸のクラス):24kg 50lb
Place Caught(釣った場所):Hヒョータン
Boat(船名):Statue of Liberty


Weight(魚の重量):130kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):植手 章
Club(所属クラブ):True Blue FC
Line Class(釣糸のクラス):15kg 30lb
Place Caught(釣った場所):J
Boat(船名):True Blue Ⅱ


Weight(魚の重量):100kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):青沼増美
Club(所属クラブ):ウェイビーライン
Line Class(釣糸のクラス):15kg 30lb
Place Caught(釣った場所):G
Boat(船名):WAVYLINE


Weight(魚の重量):70kg T&R 
Species(魚の名):クロカジキ
Angler(釣人):池田慎太郎
Club(所属クラブ):アゲインファンタジア
Line Class(釣糸のクラス):15kg 30lb
Place Caught(釣った場所):ドングカ西
Boat(船名):FANTASIA


本日の結果はT&Rの8本とキャッチ2本。
大会開幕前より海の状況がよく、カジキが連れているという地元アングラーからの情報もあり、期待度も高い今大会。そして迎えた第39回 国際カジキ釣り大会。
開催3日間でストライク数93本、タグ&リリース20本、キャッチ9尾もの釣果がありました。

第39回 国際カジキ釣り大会団体総合の結果は、クロカジキを初日ランディングしたチームマハロが高得点を獲得し圧倒的優勝!

個人総合は団体総合優勝同様チームマハロの谷本聖巳さんが2位と点を引き離し優勝。

レディース賞はBlue Waterの佐々木つぼみさん。 何度かアングラーステージでお見かけし、2015年も同賞を獲得しています。

入賞された皆さん、おめでとうございます!今日の表彰式では大いに祝勝してください!

この国際カジキ釣り大会は、下田で開催されるようになり今年で39回目となります。 この39年間に1度も事故が無かった事は大変素晴らしく、参加チーム皆様方のルールを守っている徹底さがもたらしたものであり、カジキの釣果以外にも注目し評価したいところです。

最後に、参加チームの皆さん、JGFAのスタッフの皆さん、大会に協力して頂いた地元の皆さん、大会に花を添えて頂いたミス・ビルフィッシュの方、お疲れ様でした。今年も深い感動を与えてくれたこの海と魚達に感謝の意を表し、来年の熱い戦いに期待したいと思います。

第39回 国際カジキ釣り大会2日の今日は4本のタグ&リリースと、2本のランディングがありました。

マリンフェスタ下田の会場も音楽ライブやサザエが当たる抽選会で、来場のお客様に楽しんでいただけました。


海上保安部のキャラクターうみまる潜水士。ミスビルフィッシュのお二人に挟まれ記念撮影。
うみまる、やったね(^∇^)!


昨日に比べて風があったものの、会場(に限らず今日はどこも)暑い!テントの下で音楽ライブやアングラーステージをお楽しみいただきました。


今日は、昨日に引き続き風も弱く天気は上々凪の良い状況のもと、4本のタグ&リリースと、2本のランディングがありました。
ほぼ同じ海の状況なのに昨日に比べると少ない釣果・・・。なにが原因なんだろう・・と考えましたが、イヤイヤ、昨日が凄すぎたのだ・・。
とは言え、2日目も女性アングラーの活躍と、約120kg以上もの本物のカジキは、そのファイトしている様子を想像すると気持ちが熱くなるものがあります。

そして、今日第1番目にステージ登壇されたチーム清四郎さんは九州からの参加。その他にも、首都圏をはじめ関西など日本各地から、毎年、国際 カジキ釣り大会に参加するためにここ下田に集結されております。今年は87ものチームが参加されました。

優勝は、今のところ昨日200kg級のカジキを釣り上げたチームマハロと(個人的に)予想されますが、まだ分かりません!
釣果のあったチームも、そうでないチームも、明日の最終日で高得点を得れば優勝を狙える可能性もまだまだあります。
明日の海の状況も良い見込みです。皆さん、がんばってください!


クルーザーが並ぶ風景は美しい!


タグ&リリースの方がポイントが高いようですが(細かいルールがあるので言いきれません)、やっぱり本物のカジキは凄い!


検量と審査はアングラー立会いのもと、毎回きっちり行います。


糸の太さや長さも規定の1つ。審査を通ったアングラーが順位の対象となります。


下田湾沖でアングラーとの熱い一騎打ちの末亡くなったカジキの最期の姿を、ステージの上で綺麗に見て欲しいとJGFAのスタッフの方によって綺麗に整えられます。
JGFAの皆さんの、カジキへの敬意が感じらるシーンです。


[今日の釣果]
[魚の重さ]T&R 推定133 kg

[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]八谷博之
[チーム名]清志郎
[釣糸のクラス]24kg、lb
[釣った場所]トンガリ
[船名] 光明丸
[キャプテン]八谷博之


[魚の重さ]T&R 推定90kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]大谷彰宏
[チーム名]チームウルフ(A)
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]Hヒョータン
[船名] WOLF
[キャプテン]大谷彰宏


[魚の重さ]121,35Kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]布施徹
[チーム名]ソールズベリーFC.
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]ウドマアワセ
[船名] Salls berry
[キャプテン]高柳憲嗣


[魚の重さ]117,35Kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]佐藤勝美
[チーム名]オーバスフィッシングクラブ
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]Dイカ場
[船名] オーバス
[キャプテン]真間幸広


[魚の重さ]T&R 140Kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]高橋一郎
[チーム名]アドミラルFC
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]Dイカ場
[船名] ADMIRAL
[キャプテン]前田利幸


[魚の重さ]T&R 120Kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]小川湯代
[チーム名]MISS BAGHEERA
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]G トンガリ
[船名] MISS BAGHEERA
[キャプテン]園川鉄夫


[ヒーローインタビュー]


カジキは生涯初めて釣った。実は見るものはじめてと語るオーバスフィッシングクラブ佐藤さん。
今の気持ちを聞かれると、まだ実感がわいていない・・とのこと。
午前10時くらいにかかって40分くらいのファイト時間。お疲れ様でした!
明日最終日への意気込みは「あまり自信がないです」と控えめなお声。でも、チームからの後ろ押しで「もう2本頑張ります!   」と強気にお答えいただきました(^^)

早くも明日は最終日です。
どのチームもがんばってください!

今日からいよいよ第39回 国際カジキ釣り大会が開催されました!

まずは、アングラーステージが設置してあるマリンフェスタ会場の様子。
金曜日ということと、まだ夏休み前の学校が多いためか、会場はそれ程混雑度もなくゆったりとした雰囲気に包まれていました。


会場に設置されているアングラーステージにはマリンフェスタ開催時間、カジキの巨大モニュメントが飾られています。
是非、アングラー気分で登壇してみてね!

今日は静かな会場でした。毎年、土日にはたくさんのお客様で賑わいます。
明日、是非お待ちしております(^^)


サザエが当たる抽選会も実施中★
赤玉がでたらサザエ1KgがもらえちゃうO(≧▽≦)O期間中3日間で70個ご用意してあります♪


さて、このところの下田湾沖の潮が好調!大会前からカジキの気配は聞いていたので、関係者一同期待度高くテンションも上がりっぱなしで今日を迎えました。

午前10時前の連絡で、タグ&リリース4本、キャッチ(持ち帰り)1本の連絡を受け、11時前には合計10本!
結果的には、合計13本もの釣果がありました。

一番の注目は、チームマハロ谷本さんが釣り上げた234,55Kgものクロカジキ!
そのサイズと迫力に歓声があがりました。

チームマハロはタグ&リリースもあり、初日はトップのようです。
残り2日間の大会で他のチームの釣果も楽しみです。


15時のストップフィッシングを終えて、続々と帰港します。


チームマハロが帰ってきました!「大きい 大きい」というざわめきを聞きつけ、船を覗いてみると・・・


青色のカジキが横たわっていました!明らかに大きい!


検量の為、クレーンで釣り上げられます。どっしりとした体つきのカジキに見入ってしまいました。


近くで見ても迫力大!しかもかっこいいo(*’o’*)o


審査員とアングラー立会いのもと検量と審査をします。
無事に審査が終わると、再びクレーンでステージへ・・・・


【本日の釣果】

[魚の重さ]234,55 kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]谷本聖巳
[チーム名]チームマハロ
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]Jチャンガジロ
[船名] MAHALO
[キャプテン]谷本聖志
◆ ◆
[魚の重さ]T&R 推定80 kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]山本智典
[チーム名]チームマハロ
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]Jチャンガジロ
[船名] MAHALO
[キャプテン]谷本聖志

[魚の重さ]T&R 推定130 kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]佐々木つぼみ
[チーム名]ブルーウォーター
[釣糸のクラス]15kg、30lb
[釣った場所]G イローアワセ
[船名]Blue WWater
[キャプテン]佐々木公明


[魚の重さ]150,5kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]赤坂大輔
[チーム名]ホワイトタイガー
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]J
[船名]ホワイトタイガー
[キャプテン]田坂誠悟


[魚の重さ]T&R 推定100kg 
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]岡田順三
[チーム名]マーメイドAC
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]Gトンガリ
[船名]第6人徳丸
[キャプテン]岡田順三
 ◆ ◆
[魚の重さ]T&R 推定130 kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]岡田順三
[チーム名]マーメイドAC
[釣糸のクラス]37kg、80lb
[釣った場所]Dイカ場
[船名]第6人徳丸
[キャプテン]岡田順三


[魚の重さ]T&R 推定130 kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]黒羽根俊彦
[チーム名]夢の島 MAHALO
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]G イローアワセ
[船名]Mahalo 「夢の島」
[キャプテン]新井和也


[魚の重さ]T&R 推定100 kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]中村真悟
[チーム名]TEAM マイスター
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]Gイローアワセ
[船名]マイスター
[キャプテン]山口洋一


[魚の重さ]106,150 kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]鈴木孝
[チーム名]アニバーサリー
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]ヒョータン
[船名]Aniversary
[キャプテン]鈴木孝


[魚の重さ]T&R 推定120 kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]白井誠
[チーム名]インフィニティ
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]J チャンガジロ
[船名]INFINITY
[キャプテン]關宏


[魚の重さ]113,5kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]中村高久
[チーム名]オーシャンマジック アメニティー
[釣糸のクラス]37kg、80lb
[釣った場所]Gアオネ
[船名]AMENITY
[キャプテン]清水厚


[魚の重さ]T&R 推定110 kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]中臺章記
[チーム名]チームソルティ
[釣糸のクラス]24kg、50lb
[釣った場所]J Gアオネ
[船名]SOLTY
[キャプテン]秋広重幸


[魚の重さ]110,7 kg
[魚の種類]クロカジキ
[アングラー]金杉哲成
[チーム名]HARDY
[釣糸のクラス]37kg、80lb
[釣った場所]J チェンガジロ
[船名]HARDYⅡ
[キャプテン]立川明彦


 [ヒーローインタビュー]

チーム オーシャンマジック アメニティの中村さんは、8年間出場されているとのこと。今日は113kgもの巨大なカジキを1番初めに会場に持ち込まれました。
目標は達成されたようですが、できれば200kg級のカジキを狙いたいと意気込みを語ってくださいました^^
残り2日間も、頑張ってください!


明日(22日)は7時にスタートフィッシング、15時がストップフィッシングとなります。
明日も海の状況は期待できそうです。

マリンフェスタ会場では、グルメを食べてサザエが当たる抽選会も実施。
ライブもあるので、是非遊びにお越しください(^O^)

いよいよ明日から第39回 国際カジキ釣り大会が開催します!

今日は毎年恒例の前夜祭が、伊豆漁業協同組合 下田魚市場で行われました。


今年の参加チーム87。
毎年、ここ下田で行われる国際級のカジキ釣り大会に参加されるチームもいらっしゃいます。


地元のサポート店も参加しております。サポート店のシステムがあるのは下田だけなんだとか。
サポート店は、1チームにつき1店舗となり、参加チームを応援しています。大会中釣果があると会場に駆けつけています^^

今年のミスビルフィッシャーのお二人。明日から3日間、よろしくお願いします\(^o^)/


下田のマスコットキャラクターぺるりんも駆けつけました!なんとアロハは初披露!?


お子様にナデナデしてもらって照れるぺるりん♡会場でも人気者でした♪

参加艇の皆さんや地元の人が料理を振る舞います。


今日の会場を盛り上げてくれた「オレンジレディ」のお二人。ピンクレディの歌で会場が盛り上がりました!


下田港に集結したクルーザー。夏の風物詩でもあります。

明日は、マリンフェスタ下田も同時開催!
巨大カジキが見れるかもしれない会場に、足を運んでくださいね。

 

チラシPDFダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
pagetop