伊豆下田観光協会公式サイト

translation

下田公園のあじさい祭は5分咲きが続きます。

5分咲きと言っても、見頃まではもう少し!


今日は、下田公園入口~下田海中水族館までのコースをご紹介します。


↑伊豆急下田駅から臨時バスをご利用いただき、約5分。「あじさい公園」バス停で下車すると、下田公園入口はもう目の前!


↑入口から坂道が見えます。そう。下田公園は小高い山になっているので、基本道中坂道です。


↑歩き出して見つけた紫陽花・・・。雨を待っています。。。


↑続いてこちらの紫陽花も・・。天気が良い日が続いているので、日当たりの良い入口周辺は少しぐったり気味といった感じでしょうか。


↑少し歩くと、まだまだ元気な表情が見られます(^^)v 少ししな垂れてしまっているのは一部のよう。


↑紫陽花だって個性があります。青と紫のグラデーションが目をひきます^^


↑夕方5時前でも、たくさんのお客様にお越しいただいておりました^^


↑下田公園内開国広場にある開国記念碑。群生地はどこ?この上です。ここから徒歩約15分!


↑開国広場はお手洗いもあります。園内は下田公園入口と下田海中水族館からの登り口、そしてここ広場の3か所となります。


↑ここまで来たら、群生地まで足をのばしてください^^もちろん、道中はあじさいも咲いています。


群生地へ行く前に、今日は少し寄り道をして、園内に3か所ある展望台の内の1つ「馬場ヶ崎展望台」へ。


↑順調に歩けば、開国広場から群生地まで約15分。左道へ寄り道したので、だいたい10分くらいの差が出ましたが・・


↑馬場ヶ崎展望台はまずまずの景色。下田港を眺めながらしばし休憩するのもおススメです。

そして、群生地に向かって紫陽花を見ながら再び歩き出します。


↑まだツボミの紫陽花もあるので、長く楽しめそうです♪


↑あじさい園入口に到着~(^o^)


↑色とりどりの紫陽花が息をのむほどの美しさで開花しています!


↑見頃にもかなり近づいています。

↑そして、先ほどのあじさい園入口まで少し戻っていただくと、下田海中水族館、お茶ヶ崎展望台の看板がありますので、今日は下田海中水族館へ行ってみることに。ここからは下り坂♪


↑あじさい園入口から徒歩約5分程でお茶ヶ崎展望台があります。


↑ここからの景色は絶景!


↑下田海中水族館も見えます(^o^)


↑展望台をでるとある看板通り「下田海中水族館」へ向かいます。


↑と・・見つけました\(^o^)/今年初のハートの紫陽花♡見つけると素敵なことがおこるそうですよ!

ここから更に5分程歩くと下田海中水族館が見えてきます。


↑ちゃんと、貸し竹杖置き場も設置されてますので、園内で使った竹杖をこちらで返却していただいてもオッケーです。もちろん、こちらから出発の時もご利用ください^^


↑下田海中水族館側からの入口にもお手洗いがございます。


↑海中水族館駐車場に到着(^^) 下田公園あじさい祭と下田海中水族館合わせて見学されると尚楽しい!
下田海中水族館HP→https://shimoda-aquarium.com/


↑下田海中水族館から伊豆急下田駅行き路線バスもご利用くださいね!

 

ついに下田も梅雨を迎えました\(^o^)/

紫陽花は雨が大好き♪ 雨を吸収した雨上がりの紫陽花はより艶やかに見えます。
また、合間にお天道様が顔を出すと、元気な表情を見せてくれます。

梅雨のジメジメした憂鬱な6月、是非、下田公園のあじさい祭にお越しくださいませ!
ご注意)雨が降ると地面が滑りやすくなります。歩きでもあるので履きなれた靴でお越しくださいませ。


↑緑の中が色とりどりになって参りました^^まだまだ咲きますよ!



↑今日は、梅雨の紫陽花の取材に、静岡県内放送のSBSテレビさんが来てくれました!インタビューにご協力いただいたのはお車で2時間かけて毎年下田のあじさい祭にお越しくださっているお客様。あじさい祭はリピーターが多いのです!


↑フランスからお越しくださいましたお客様です^^明日には沖縄へ行かれるとのことで、小雨の中あじさい祭に来てくださいました。
日本には6回目と2回目の旅行とのことです♪Merci ♪


↑正統派美形の紫陽花に見とれてしまいます(*^_^*)


↑満開も良いですが、このくらいの開花もかわいらしいです(*^_^*)


↑群生地はこの先です!もう少し!!

↑2日前はまだまだ緑が多かったように思えます。梅雨に合わせたかのように、色とりどりに開花してきました。
このスポットにたどり着いたお客様から、感嘆の声の声が聞こえてきました。
これからが楽しみです(^^)/

朝8時代の下田公園は、静かで涼しくて気持ちがいい!
朝散歩におススメです(^^)/

園内のあじさいは全体的に3分咲きになりました。

↑まずは、お馴染みの場所。だいぶ色づきはじめています。


 

↑あじさいはもう少し先がおススメですが、緑豊かな下田公園は一年中楽しめますよ!


↑元気に開花しています(^^)/


↑朝9時に賑わいの露店市もオープンします。下田料理飲食組合ブースでは、下田産みかんの手絞りジュースや、金目鯛の天ぷらそばが人気メニューです。


↑開国広場にはちょっとした遊具もあるので、小さなお子様も楽しめます!


↑開国広場を過ぎるたら見える下田港。紫陽花と海が見えるのは当地あじさい祭の特徴です(^^)/


↑まるでジブリ映画に出てきそうなロケーション。深呼吸して森林浴気分も楽しめますよ。


↑下田公園は、小田原城を本城とする後北条氏の支城でありました。園内には畝掘が残っています。


↑道の駅 開国下田みなと4Fハーバーミュージアムには、下田城復元模型が展示してあるので、是非、この模型を見てから下田公園へ行ってみてください。感慨深いものがあります。


↑群生地はほぼこのような開花状況です。


↑薄ら色づく様子もかわいらしいです。


↑群生地の通路はほぼ階段になります。雨の日は特に足元に気を付けてください。


↑園内には貸し竹杖が設置しています。何か所かありますので使用後はいづれかに返却をお願いします^^

↑群生地を抜けると巨木のスダジイが大地を掴むようにそびえ立っています。園内にあるスダジイの中でも最も大きく、幹の太さは、最大4m。樹齢500年とも言われています。

今日の下田公園のあじさい開花状況です。

昨日の大雨とは打って変わって、今日は晴天!
雨を吸収して、お日様の陽を浴びて、下田のあじさいはスクスク開花しています(^^)



↑下田公園入口に咲く「カシワバアジサイ」。個人的に好きな品種なので毎年ご紹介しています^^
とんがり帽子で薄ら緑がかった白に、柏の葉に似ている葉っぱが特徴的です。


↑公園入口から、賑わいの露店市までは日当たりも良く、群生地よりも一足早い開花を見せてくれます。
この辺りは3分咲きくらいでしょうか。


↑色とりどりには遠く、まだまだ緑一面といった感じもありますが、思い切り深呼吸すると緑の匂いがして癒されます。

↑最盛期には純白の色をつける「アナベル」。可憐な様子が女性に人気なあじさいです。
最盛期にご期待ください(^^)


↑群生地手前にある眺めの良いスポット。(絶景ス
ポットは園内にまだまだあるので敢えて眺めの良いスポットで^^)道中坂道ですので、ベンチもご利用くださいませ♪


↑群生地はこの様な開花状況ですが、花芽はぎっしり!


↑同じ場所でも、なぜか数輪色づいている紫陽花もありました。

↑広い園内には誘導看板も設置してありますので、安心して散策してください。

 


↑群生地を抜けると、下田市の人気スポットのペリーロードに続く道もあります。

本日より1ヵ月間、第47回 あじさい祭が下田公園で開催します!

公園入口から約15分程歩いた場所にある群生地の、見渡す限り色とりどりのあじさいは訪れるお客様に感動を与えています。

先に述べました通り、一番の見どころ(おススメスポット)に行くには、15分程歩きます。しかも、ここ下田公園は小高い山になっているので道中坂道!!

歩きやすい靴を履いて、群生地まで歩いてくださいね!群生地まで行かないと日本一のあじさいは見れませんので(^^)

開花状況は、下田市観光協会のホームページでご覧いただけます。

check it out (´ー`)σ  http://www.shimoda-city.info/event/ajisai.html


まずはここ!


↑このスポットは群生地に入ってすぐ。毎回ここだけは必ず撮影し開花状況をお知らせします。


↑今日は地元プレスの撮影会を実施しました。地元モデルの女性2名も、咲き始めの紫陽花に喜んでいました(^^)


↑下田湾と下田市街地、下田富士、あじさいの4セットは人気の撮影スポットです(^^)/


↑開国広場にはあじさいの鉢を販売しています。「ダンスパーティー」や「クミコ」など新種も並び見ているだけでも楽しい!

今年の開花状況は例年並み。
最盛期は6月中旬が予想されます。

是非、6月は下田公園あじさい祭へお越しください(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
pagetop