伊豆下田観光協会公式サイト

translation

本日は、2年目になる下田東急ホテル特製の金目鯛チャウダー販売日でした(^^)/

下田東急ホテル総支配人が作った特製 金目鯛のチャウダーが、イベント会場でこんなに気軽に食べられるチャンスです!


↑開始時間9:45前には長蛇の列ができたくさんのお客様にお待ちいただきました。


↑下田東急ホテルの総料理長とスタッフさん。一流リゾートホテルの味をお試しあれ(^^)/


↑大き目の金目鯛をカレー風味に仕上げ油で揚げてあります。これに・・・・


↑人参、じゃがいもなどの野菜がゴロゴロと入り・・・・


↑濃厚チャウダーを投入!!


↑出来上がり(^^)/ 余程お嫌いな具材がない限り、まずいはずがありません。

会場のお客様にも大好評♪小さなお子様からご年配の方までの「おいしい!」の一言をいただけました(^O^)


↑山梨からお越しのお客様(^^) 昨日、田牛サンドスキー場で砂まみれになって今日は金目鯛を食べにこちらに来られたようです。お姉ちゃんはスープが熱く、ふぅふぅと格闘されていました。また下田に遊びに来てね!


↑同じ静岡県内からお越しのご家族様。同じ県でも下田まで車で3時間半の道のりをお越しくださいました。金目鯛チャウダーを食べたら、道の駅に車を置いてあじさい祭へ歩いて行かれるとのこと。徒歩約20分ですが、風情ある下田の街並みも楽しんでいただけたかと思います(^^)


↑下田東急ホテル総料理長とスタッフさん。チームワークも抜群!
食べそびれた方は6月25日にも実施するので是非お越しください。

 


【今後の予定】
6月18日(日)きんめ寿司1貫+あら汁 200円  先着250

6月25日(日)きんめチャウダー 1杯200円  先着200

 

金目鯛料理で何を連想されますか?

私的には甘辛いタレで作った煮付けが思いつきます。 一匹丸ごと出てきたときには、部位によって違う風味を味わうのも楽しいです。
ホカホカ白米と金目鯛のダシがきいた煮汁の相性は、説明する以上に抜群です。

他にも・・・刺身やしゃぶしゃぶ、塩焼き、炙り寿司などなどを連想されるかと思います。
もちろん、市内の飲食店でもこのような王道な金目鯛メニューはたくさんの飲食店でご提供中。そして、やはり人気メニューなのです。

そんな中イタリアンレストランや、ハンバーガー店、居酒屋、カフェなどでも金目鯛料理があるのが、日本一の金目鯛を誇る下田の特徴でもあります。
各店舗、それぞれの逸品金目鯛料理を召し上がることができますが、今回紹介するのは中華料理 一品香の「きんめとエビのワンタン塩ラーメン」。


 

↑これが「きんめとエビのワンタン塩ラーメン」。金目鯛とは関係ありませんが、特製チャーシューが5枚ものっていてかなりのボリューム!
下田市外浦地区でとれた塩を使ったスープと岩のりが合います。・・・・金目鯛?


↑ちゃんとあります^^この白いワンタンの中に金目鯛とエビが入っています。見た目よりずっしり♪一品香の人気NO1メニューのようです^^

こちらの一品香の「きんめとエビのワンタン塩ラーメン」は、メディアや情報誌などでも取り上げられ、下田ではかなりの有名店です(^^)/


他にも、「世界のレバニラ」や「激辛ファイヤー麻婆豆腐」などなど、食べて納得のネーミングを持つ人気メニューもお楽しみに!


↑これは、一品香自家製 食べるラー油「うめぇラー油」。


↑餃子をオーダーすると食べるラー油も付いてくるので、お好みでどうぞ^^


天然塩ラーメンを作る時に出るかつお節を粉末にして1度「おかか」にした後、10数種類の調味料と揚げネギを合わせ自家製ラー油に漬けて出来上がるとのこと。
餃子に合うと思います(>▽<)

←店内でも販売しているので、ご家庭でも試してみてくださいね!冷奴などにも合いそうですよ!


↑店内はいかにもの中華料理店。明るい店内に、店員さんの明るい声が響きます。


金目鯛取扱中華料理店はまだございますが、本日は一品香を紹介いたしました。

伊豆急下田駅から徒歩3分の場所にございます。

【一品香HP】http://www.ippinko.com/

下田で水揚げされた金目鯛を使った下田市内の飲食店オリジナル丼(又はワンプレート料理)をご提供中!

へ~、金目鯛ってこんな食べ方もあるんだ~・・・と知っていただければ嬉しいですღ˘◡˘ற♡.。oO

今日は全27メニューあるうちから、12品をご紹介します♪


 


↑「地金目、地魚入り海鮮丼」1700円 / 旬の味ごろさや(和食)0558-23-5638
その日、水揚げされた地金目並びに地魚を中心として丼に盛り付けました。


↑「金目と鮑のグラタン」2160円 / 平野屋(カフェ) 0558-22-2525
地金目と地鮑がクリーミーなホワイトソースと出会いました。鮑のカラに入った見た目もリッチなグラタンです。※サラダ・パン・コーヒー付き


↑「金目鯛 王様丼」2138円 / とん亭(和食) 0558-22-5500
下田の海の幸の人気者がのった丼です。伊勢えびは塩ゆで。金目鯛は湯引き造りに。鯵は、たたきにしてあります。

0
↑「炙り地金目鯛のねぎ塩重」1350円 / 開国厨房なみなみ(居酒屋) 0558-23-3302
刺身用の地金目鯛をサッと炙り旨みを引き出しました。ごま油と塩で味付けした。


↑「小田巻きむし」1200円 / むさし(うどん・そば) 0558-22-0934
小田巻きうどんは、温まる一品。金目鯛を湯引きし柚と本かえしで下味を付けてあるので味のアクセントにもなっています。


↑「金目玉丼」1400円 / 磯料理ゑび満(和食) 0558-22-2166
塩を使って金目鯛の素材そのものの味を前面に出した丼です。


↑「きんめとエビのワンタン塩ラーメン」※チャーシュー5枚入り 1300円 / 一品香(中華) 0558-22-7476
下田ラーメン界でも屈指の一品。中国清湯スープと和風ダシのコラボ。残ったスープで食べるお茶漬けセットもあります。


↑「金目鯛のかつ丼」1630円 / 上の山亭(和中) 0558-22-1803
一口大にした地金目鯛の切り身をフライにして、玉ねぎやキャベツと卵とじにしてあります。見た目のボリュームに反して食べるとあっさり。※磯の貝のお味噌汁付き

↑「海鮮丼」1700円 / 活魚料理 新田(和食) 0558-22-1672
下田の近海でとれた新鮮な魚がどっさり。地金目鯛も入っています。
鵜↑


↑「金目豪華二段重」1400円 / 進藤惣菜店(惣菜店)0558-23-4476
創業35年。手作りのお弁当にこだわった。愛情たっぷりのおふくろの味です。一段目は甘辛く煮込んだ金目を煮汁ごとご飯に乗せ、二段目は地元天然塩から揚げと地海苔が載った豪華二段重です。


↑金目のチリチャン 1000円 / 中華料理 八龍(中華) 0558-22-8855
下田の特産の金目鯛を一口大に揚げ、エビチリ風に仕上げチャーハンの上にかけました。


↑「金目重のひつまぶし風」1782円 / 下田ビューホテル内 遊沙亭(和食) 0120-289-489
金目鯛の煮魚、甘辛いタレのしみたご飯、そしてお出汁でお茶漬け風にと、一品で三度楽しめます。


きんめがど~んはまだまだあります!
道の駅 開国下田みなと2Fにパンフレットがあるので、ご覧ください♪

下田料理飲食組合の有志で開催している「ふるまいきんめ寿司」。
今年は6月4日(本日)に大盛況で終了し、次回は11日の日曜日に行われます。

今日は、こんなメンバーで開催しました(^^)/
●焼家(きんめ取り扱わない 人気焼肉店)
●美松寿司(老舗寿司店3代目が握る寿司が人気の寿司店)
●料磨(最高級の金目鯛を巧みにさばく創作和食店)
●サンラバースカフェ(English OK! Wi-fi OK! キッズルーム完備の楽しいカフェ)
●開国厨房なみなみ(地金目鯛をはじめ地物と豊富なドリンクが人気 居酒屋)
●串特急下田店(人気チェーン店しかも地金目鯛取扱店 元気いっぱいの居酒屋)
●なぶら(魚屋直営、しかも開店から1ヶ月という注目度も高い居酒屋)
●下田市議会議員 (毎年駆けつけてくれる議員さん。場が活気づきます!)
●下田市観光協会


↑朝早くから(飲食店さんは昨日のうちから仕込み)集まって準備をします。


↑ふるまい寿司は9:45~。9:30頃になるとたくさんのお客様がお待ちになってました。ありがとうございます!!


↑ワサビだって本わさびを使用。

↑準備も着々と整います。


↑キンメ寿司1貫召し上がれ!炙りと漬けを選べます(^^)


↑これは漬け。昨年も日によっていろいろでしたが、今日はダントツ漬けの方が人気がありました♪


↑ふのり入りきんめのあら汁。キンメのお出しが人気です!


↑早くからお待ちになったお客様が品切れにならないよう、開始15分前から引換券を販売します。

↑お二人でお越しの方は、炙りと漬けを一貫づつ注文されることが多いです。ご注文時には「イチイチで」とお申し付けください(^O^)


↑車で約2時間かけてお越しくださいました。毎年、このふるまい寿司を楽しみに6月の下田にお越しくださっているとのこと。ありがたいです!また是非来年も、お越しくださいませ(*^_^*)

開始から、約40分程で完売しました。

来週は、下田のリゾートホテル 下田東急ホテルの総料理長が作る、きんめチャウダー(200円)の振る舞いです!
大き目にカットされたキンメと、濃厚なチャウダーが昨年は話題を呼びました。


↑下田東急ホテル 総料理長とスタッフのみなさん。
皆様、来週をお楽しみに(^^)/

【今後の予定】
6月4日(日)、18日(日)きんめ寿司1貫+あら汁 200円  先着250

6月11日(日)、25日(日)きんめチャウダー 1杯200円  先着200


↑ここは、あじさい祭会場にある鵜島城址の碑。下田公園(あじさい祭会場)入口から約15分程歩いた場所にあります。右へ行けば群生地、左に行けば・・・。


↑鵜島城址の碑を左に行くと、ナント下田海中水族館に続いています(^^)/
しっとりとあじさいを楽しんだら、少し足を延ばして下田海中水族館へ行くのもおススメです!
道中は絶景の見える展望台もありますよ!
・・・でも、きんめ祭りに関係ないじゃないか・・・・?


↑下田海中水族館には、金目鯛が泳いでいるんです!
金目鯛は食材としてはききますが、飼育するのは深海に生息するため大変難しいんです。
ですから、余計に泳いでいる金目鯛を見ることができるなんて貴重な体験かと思います。

下田では、金目鯛を食べて、買って、更に見ることも楽しめますよ(^^)/


【まだまだおススメスポット盛り沢山な下田海中水族館

↑下田湾に浮かぶ船 アクアドームペリー号の巨大水槽では、ダイバーさんが魚の餌付けをします。
大きなエイに隠れてしまっていますが、ダイバーさんは魚たちと仲良しです。


↑カヤックを楽しむお客様に周りには、かわいいイルカたちが興味津々と追いかけてきていました^^


↑あざらしにも触れます。大きな体に大きな声・・でもとっても温和なアザラシちゃんでした。


↑筆者一番のおススメは、アシカの水中ショー。ダイバーさんとアシカが音楽に合わせて伸び伸びと泳ぐ姿はとても美しいです。ここ下田海中水族館でしか見ることのできないショーですよ。


↑でも、なんといっても一番人気はイルカでしょうか^^


↑今日も元気いっぱいに泳いで、ジャンプしするイルカたちに元気をもらってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
pagetop