伊豆下田観光協会公式サイト

translation

歩きやすい遊歩道が整備されている爪木崎は愛犬との観光にもおススメです!
天気が良い日なら、きっと素敵なお写真もたくさん残せるはず。
是非、ワンちゃんと一緒に見頃を迎えている爪木崎へお出かけください。



爪木崎は須崎半島の南東の突き当り。岬の先端に爪木埼灯台が見えてくるとワクワクします。


今日は地元犬のmabiちゃんがナビゲーター。恋する灯台と水仙を見にレッツゴー!


入り口側の駐車場からはこの絶景。下の駐車場の方が水仙園へ近いのですが、こちらに駐車してこの景色を楽しむのもおススメです。


mabiちゃんも飼い主とハートのベンチで記念写真を撮りました。


爪木崎のゲートをくぐって左へ行くと水仙園。右へ行くと今話題のジオスポット「柱状節理」に行くことができます。


地下に潜りこんだマグマが冷え固まってできた柱状節理。柱状の岩体が規則正しく並ぶ光景は正に自然の造形美。
爪木崎の柱状節理は伊豆半島の中でも最も大きいもののようです。


沢山歩いて体もホカホカ。薄着になったら柱状節理の上を歩いてみましょう^^ mabiちゃん、気に入った柱状節理を見つけたかな?


先日新たに爪木崎に登場したハートのアイテムも人気。たくさんのお客様が記念撮影をされていました。


上のハートのモニュメントには「スマホ台」も設置されています。是非灯台を入れて撮影してみてくださいね^^


恋する灯台。今日は空が濃い青色で白亜の爪木埼灯台がとても美しくそびえ立っておりました。


こちらも記念写真におススメポイント。


遠回りして、いよいよ水仙群生地へ!


・・とその前に目の前に広がる大好きな海に寄り道。


園内の一部は色が変わってきていますが、全体的には純白の水仙を楽しんでいただけます。


斜面の下の平らな場所はこれからが見頃を迎えます。


ツボミもついてるのでこれからをお楽しみに!


今日は15:00くらいに撮影しました。斜面があるので、午後になるとだんだん影ってきます。


風に揺れて香ってくる水仙の甘い香りにmabiちゃんも心地よさそう。

お正月は天気も良さそうな予報です。
是非お立ち寄りくださいませ(^^)/

今年は水仙の開花が早く、12月20日のオープニング時には既に5部咲き。同じ園内でも早咲きの場所は見頃を迎えていました。

そんな大変良い出だしの中、昨日はグッと気温が下がり開花が緩やかになったように思います。
既に見頃を迎えていた場所は、ほぼそのままをキープし、平地の3分咲きだったエリアが5分となりました。特にこちらはオープニング時には見えなかったツボミがつき今後が楽しみです(^^)


ハートのイスは大人気!今日もご家族で記念写真を撮られていました^^


アロエの花も今年は花もちがいい!満開が続いております。


滅多に雪が降らない下田に雪が降ったかのような純白の水仙です^^


<エリアD>毎年、咲くのかな~と心配してしまいますが、時期をずらしてしっかりさいてくれます^^


ツボミもたくさん!


こちらも早咲きの<エリアA>。甘い香りがとても心地よいですよ!



青空市も元気に営業ヽ(^o^)丿


水仙の切り花や球根。干物や地元でとれた野菜、天草などが並ぶなか・・・


これは・・・・・!?!?!?!?!?!?
西伊豆の名産「塩カツオ」! しかも!! 丸々1本売っているではないですか!!!!
塩カツオが気になった筆者。1本は多いので、小袋のものを購入しました♪
↓ ↓ ↓

お茶漬けや肴にいいよー
と売り子さんから聞き、早速今晩試してみます(^^)

今年は水仙の開花が早い!
12月上旬、例年に比べて約半月程早く咲き始めた水仙を見に、水仙まつり開催前からたくさんのお客様にご来園いただいておりました。

全体的には5分咲きとなっておりますが、メインのエリアは見頃を迎えています!

オープンからいい出だしを迎えた第53回 水仙まつり・・
是非、お早めにお越しくださいませ(^^)/

 

アロエの花と水仙の花の開花期は少しずれるのが毎年のことですが、今年は一斉に見頃を迎えています。赤いアロエの花と白い水仙の花のコントラストが美しくご覧になれるのはおそらく今年限定でしょうか^^


見頃を迎えている<エリアC>です。甘い香りが漂い、純白の水仙が潮風にソヨソヨと揺られています。


「抱かねば 水仙の揺れ やまざるよ」水仙園にある詩です。


<エリアD>は3分咲き。毎年遅咲きのエリアです。


まだまだ開花まで時間がかかりそう・・。


今日は風も穏やかなので、海沿いでのんびりされている方もたくさんいらっしゃいました。


やっぱり伊豆の海は驚くほど透明です!


今年デビューのハートのベンチ♡ ここ爪木崎は「恋する灯台」に認定されました!ハートの空間に灯台がすっぽりと入り、早くも話題となっています。
是非大切な人と爪木埼灯台に会いに来てくださいね!
恋する灯台⇒https://romance-toudai.uminohi.jp/


爪木崎には3台ハートのベンチが設置されています。見つけてみてくださいね^^


開花状況はこちら↑↑↑

年末年始は見頃を迎えそうです!
是非お越しくださいませ(^^)/

※H30年9月の台風12,13号の影響で群生するキダチアロエ約3万株のうち3割前後が流されてしまい、遊歩道や群生地の一部が崩壊してしまったことから、本年度のアロエの花祭りは開催中止となります。
アロエの花まつり

500mの遊歩道に3万株のアロエが群生

(開催期間)
2018年12月1日(土)~2018年1月8日(火)
9:00~15:00

(イベントのご案内)
◆特別謝恩サービスデー
12月15日(土) 午前11:00~
*龍宮鍋(地魚)の無料サービス(先着300名様)
*もちまき、アロエ料理等

◆まつりの期間中は、味噌汁の無料サービスがあります。
※日にち限定。詳細は「伊豆白浜観光協会HP」へ
白浜にアロエがもたらされたのは明治時代の後半、
白浜の漁師さんが南の島から持ち帰り、それが増えていったと言われています。

アロエ群生地となった白浜の板戸地区は「アロエの里」と呼ばれ、
花の咲く時期になると一面が真っ赤に染まるほどきれいになります。

白浜観光協会ではこの時期に合わせてアロエの花まつりを開催しています。
会場に売店を設け、アロエ製品やさんま寿司等の地場産品の販売、
アロエ茶の無料サービスなどを行っています。

(お問い合わせ)
伊豆白浜観光協会
https://www.izu-shirahama.jp/event/
TEL:0558-22-5240

【アロエ料理・アロエ風呂】
白浜地区の民宿では、万病の妙薬として重宝がられてきたアロエを
お茶や刺身、天ぷら、ハンバーグなどで食せます。
又、アロエ風呂は体が温まると好評です。(要予約)

○伊豆白浜「アロエの里」
白浜一色地区はアロエの里とよばれ、家々の回りや付近の海岸に
多くのアロエが育成しています。

花の咲く時期になるとアロエの里のあたりは
一面が赤く染まる程きれいになります。

地元ではアロエのことを医者いらず、医者泣かせといい、
胃腸、便秘、やけど、虫さされ等健康づくりに愛用しています。

又、この期間中、白浜の民宿へ宿泊すると、
お客様の希望によってアロエ風呂、アロエ料理を楽しむことができます。

○アロエ料理
万病の妙薬として重宝がられてきたアロエをお茶や刺身、
天ぷら、ハンバーグなどで食します。
又、アロエ風呂は体があたたまると好評です。

【アロエの語源】
アロエの語源は、アラビア語のaloehで「苦い」という意味の言葉です。
日本ではアロエのなかでも、昔からキダチアロエを愛用してきました。

その名の由来は「小高い木のようになるアロエ」からきています。
アロエはユリ科アロエ属の常緑多年草で原産地は主にアフリカ。

アロエは生命力が強く、どんな環境にも形態を変えながら適用しています。
日本でもっとも知られているアロエは医者いらずの愛称で親しまれてきた
葉の細いキダチアロエ。

健胃剤や下剤、切り傷など日常のけがの応急処置として用いられてきました。

【アロエの里 案内図】

大賀茂地区の柿・みかん園で、みかんが旬になります。
たわわに実る秋の果実、取りたての味はまた格別です。
友人同士で、ご家族でもどうぞ。

下田で柿・みかん狩り
[開催期間]
〇まつば農園
開始 2018年 10月20日 ~11月30日

[開園時間]
9:00~16:00 受付15:00まで

[お問い合わせ]
まつば農園:0558-22-8400
※団体で入園される方は必ずご確認ください。

[アクセス]

伊豆急下田駅よりバス約10分「桂口」下車、徒歩約5分
下記サイトより(出発地)下田駅・(目的地)桂口で検索してください。

▼バス時刻表はこちら
http://www.tokaibus.jp/

[ご利用料金]
料金表  :大人 小人
柿狩り  :500円 300円
みかん狩り:400円 300円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pagetop