伊豆下田観光協会公式サイト

translation

マリンフェスタ下田~伊豆下田サマーフェスタ~

国際カジキ釣り大会と併設して行われる「マリンフェスタ下田」は
下田市民がカジキの街としてまちおこしをしているイベント。

マリンフェスタ下田

マリンフェスタ下田~伊豆下田サマーフェスタ~

下田港から吹く涼しい海風に当たりながらステージイベントや露店が並び、
カジキ釣り大会で釣り上げた巨大カジキの検量も間近で見ることが出来ます。

マリンフェスタ下田

[開催日]
2016年7月22日(金)~24日(日)
※イベントスケジュールは以下ご参照くださいませ。
イベントスケジュール
▼マリンフェスタ下田チラシ(PDF)はこちら
http://www.shimoda-city.info/pdf/marinfesta_2016.pdf


[開催場所]

外ヶ岡特設会場
[お問い合わせ]
まちおこしサポートクラブ TEL:0558-22-1181

国際カジキ釣り大会

全国からアングラーが下田に集結して、巨大カジキを釣り上げる
スポーツフィッシングであり、IGFAルールの元行うビッグゲームフィッシングであり
IGFAルールの元行うビッグゲームフィッシング大会です。

7/22は、ウェルカムパーティーを武が浜商店街で開催。(17:30~21:00)

[開催日]
2016年7月21日(木)~24日(日)

[開催場所]

下田港を基地とする近海

[お問い合わせ]
まちおこしサポートクラブ TEL:0558-22-1181
ウェルカムパーティー TEL:090-1416-0101(担当:臼井)

□□□国際カジキ釣り大会について□□□

下田湾沖は巨大カジキの宝庫です!
初夏の下田で大物カジキを釣り上げよう!

下田の東側に位置する須崎地区は、昔ながらの漁村で、
須崎港を母港とする遊漁船は30隻近くにのぼります。

そのほとんどは民宿の看板を掲げており、須崎は伊豆の民宿発祥の地として有名です。
また、須崎のもうひとつの特徴は、カジキ漁が盛んだということ。

巨大カジキ釣り

かつては、浜値が高騰する12月からの漁期には、
ほとんどの船長がカジキの一本釣りに夢中になっていたほど。

その伝統は現在にも受け継がれ、
下田ではカジキ釣りのイベントが多く行われます。

毎年恒例のジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)主催の
「国際カジキ釣り大会」はその最たるもので、
2001年の第23回大会では、天候にも恵まれたおかげで、
3日間で154ストライク、52尾のカジキがあがるという、
大会史上最高の結果となりました。

全長4.5mものブラックマーリン

写真は、JGFAの岡田順三前会長がオーストラリアで釣った、
全長4.5mものブラックマーリン(シロカジキ)のレプリカです。
(現在、道の駅「開国下田みなと」4Fカジキミュージアムに展示中)

『下岡蓮杖』写真コンテスト

下岡蓮杖プロジェクト第3回下岡蓮杖写真コンテストの、
入賞作品40点が展示されます。

本年もコンテスト開催中ですので、
是非下田市内でお気に入りの写真を撮影して投稿してください。

▼写真の祖 下岡蓮杖について
http://www.renji.jp/

[開催日時]

2016年7月11日(月)~8月30日(火)/10:00~16:00
※水曜日定休

[開催場所]
市街地旧澤村邸
入場無料

[お問い合わせ]
下田商工会議所 TEL:0558-22-1181

下田太鼓祭り
下田旧町内が盛り上がるお盆の2日間

8月14・15日、旧町内では、氏神である八幡神社の例祭、
下田太鼓祭りが行われます。

御神輿・供奉道具・太鼓台が神社を基点に次々と町へ繰り出し、
笛や三味線、太鼓を打ち鳴らしながら一日中各通りを練り歩きます。

太鼓橋や揃い打ちなど、見所も満載。
下田っ子の弾けるような熱気に、
聴衆も思わず引き込まれる、夏の風物詩です。

[予定表・交通規制図・巡路図]
▼14日の予定表・交通規制・巡回図・神輿・手古舞・子供神輿巡路図
http://www.shimoda-city.info/pdf/taiko_14.pdf

▼15日の予定表・交通規制・巡回図・神輿・手古舞・子供神輿巡路図
http://www.shimoda-city.info/pdf/taiko_15.pdf

下田太鼓祭り

[主な見どころ]
・太鼓橋…14日は4回、15日は10回、町内各所にて。
 最終日ラストは宮入直前、八幡神社前で行われます。
・太鼓揃い打ち…14日19:10~、河岸通りにて。
・打ち上げ花火…14日 揃い打ち終了後(19:40頃)
 河岸通りにて見学できます。※終了は20:00頃
・宮入り…15日20:15より八幡神社で子供神輿から順に、
 供奉道具・御神輿・太鼓台の順。 

下田太鼓祭り

[八幡宮例大祭]
応神天皇を祭神とする下田八幡神社の例祭。
かつて第二代下田奉行、今村伝四郎正長公が制定したもので、
シンボルとなった太鼓は、大阪夏の陣で大勝した徳川軍が
大阪城に入場する節に、威風堂々と士気を鼓舞して打ち鳴らした
陣太鼓の様子を真似たもの。

下田太鼓祭り

[中老・若い衆]
祭りに参加する男衆の区分で、若い衆が御道具を、
中老が御神輿を、それぞれ担ぐ習わし。

下田太鼓祭り

[太鼓橋]
榊(さかき)、四神、矛などの飾りをつけた御道具といわれる
小神輿を全て綱でつなぎ、両側から若い衆が総出で押し上げ、
その勢いで弧を描かせて橋を作る。

下田太鼓祭り

[揃い打ち]
全ての太鼓台が港沿いに集まり、笛、三味線、太鼓を揃って一斉に演奏する。
現在行われている主な曲は、一番「岡崎」、二番「さん切り」、三番「若竹」、
四番「たかどろ」の四曲。

下田太鼓祭り

[宮入り]

祭り中ずっと町内を練り歩いた供奉道具・御神輿・太鼓台が、
神社に帰る儀式.。無事に神々を納めようとする役員達と、
祭りが終わるのを惜しんでなかなか神社に入ろうとしない男衆達の葛藤が見もの。
宮入後も太鼓台は再び町に繰り出し、深夜までお囃子を続ける。

※供奉道具、御神輿は絶対に、2階から見下ろさないようお願いします。

▼八幡神社例大祭について詳細はこちら
http://shimoda-hachimansai.skr.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
pagetop