伊豆下田観光協会公式サイト

translation

「明日、2時半から海老網やるよー」

という威勢の良い伊豆白浜のペンション女将の連絡に、一瞬怯む気持を隠し切れずに

「行けたら行くのでよろしくお願いします」と電話を切る。

それでも気合いを入れて寝ると目覚めもいいのか、連絡通りに起きて伊豆白浜板戸漁協へ行く。

 

今回協力いただいたのは、伊豆白浜にあるペンションとよしま、民宿 鳴海、そして、その2軒で所有している「豊漁丸」。
男性陣が船に乗り網を張り、翌早朝に船上から機械で巻き上げに行きます。そしてこの一度陸にあげに行く。このサイクルを1回の漁で3~4回程行い、終わるのは5時頃なんだとか。暗闇の中で始まって、暗闇の中で作業を終えます。

現場に行くと、既に鳴海の大女将と女将、とよしまの女将とスタッフの4人が灯光器の下で海老を網から外す作業を行っていました。

「伊勢えびは夜光性だからね~、真っ暗な夜でないとかからないんだよ。」

昼間の明るい時間はじっとしていて、夜、暗くなってから活動をはじめるそうです。

なるほど。高級な食材の秘密をひとつゲット・・・。

 


民宿 鳴海の大女将。「豊漁丸は代々伊勢えび漁をやっていたんだ。この辺は昔は海女さんもたくさんいてねぇ。私も若い時は潜ったもんだよ」。

優しく話をしてくれる大女将。元気の源は、下田の海と一緒に暮らしてきたことも関係しているのか。

 

月も照らさない真っ暗な海から響く潮騒の音と、伊勢えびのキィキィという鳴き声の中、船が帰ってきました。

カゴに入れられた、網にかかったままの伊勢海老をそのまま陸にいる人たちが引き上げると、2回目の引き上げに颯爽と出かけていきました。

「こんなに小さい伊勢えびもとれるんだよー」

覗いてみると、8cm程度のかわいすぎる伊勢えびが・・・。

「こんなに小さいのは漁協ではじかれちゃうからね。大きくなって戻っておいで・・。と気持ちを込めて放流するんだよ。」

納得・・・。

そして再び作業開始。皆さん気がしれている仲・・といった感じで、楽しくおしゃべりしながらエビを網から外しています。

フト・・・疑問に思った筆者。そんなはずはないだろうと思いながらも

「網の色によってエビのかかりが違うことってあるんですか?」

と質問。

「そうねぇ。赤い網はいいって言うわよ」

ナント!たまたま偶然なのか、伊勢えびが好む色なのか・・・網の色にも理由があるんですね!高級食材の秘密2つめゲット。

ちなみに、使い捨てだと安易に思ってしまったこの網も、持ち帰って洗ったら、切れたところは縫って使い回しているそうです。

 


↑この日一番の大物! 「こんなに大きいのは珍しいわよ!」と。筆者も水槽で売られている伊勢えびでもこれ程のものは見たことありません。


海老網にはいろいろな魚介類もかかるんだとか。今日は、サザエにヒラメ、ブダイもありました。

「あそこでエビとってるよ!」という声に、間近で見る伊勢えび漁。船の灯りが水面にうつってなんとも言えない雰囲気がありました。

3回目(本日は最終)の船が帰ってきたのは3:45頃。

6時くらいに漁協に引き渡して、今日の海老網は終了になります。

今回協力していただいた、ペンションとよしまと民宿 鳴海のように伊勢海老漁を行っている宿泊施設は、足やひげが取れてしまった、漁協で引き取ってもらえない伊勢えびを宿泊のお客様に提供しているので、正に格安で、伊勢えびと宿泊ができる、とっても嬉しいプランを提供中できる訳なのです。

これから水温が下がると、伊勢えびは取れなくなってくるので、水温も丁度いい「今」が伊勢えびの旬と言っていいのではないでしょうか。

下田市観光協会 宿泊×伊勢えびプランは下記のページ オンライン予約によって簡単に予約をしていただけます。

⇒ http://www.shimoda-city.info/blog/archives/223

是非、伊勢えびを召し上がりに、下田にお越しくださいませ!

 

ちなみに、ペンションとよしまのお客様の中では、刺身とボイルのリクエストが多いそうです。そして女将さんの一押しは「蒸し」と「焼き」なんだとか。

 

お問い合わせ⇒下田市観光協会 0558(22)1531

 

 

 

 

 

 

 

 

金目鯛料理で何を連想されますか?

私的には甘辛いタレで作った煮付けが思いつきます。 一匹丸ごと出てきたときには、部位によって違う風味を味わうのも楽しいです。
ホカホカ白米と金目鯛のダシがきいた煮汁の相性は、説明する以上に抜群です。

他にも・・・刺身やしゃぶしゃぶ、塩焼き、炙り寿司などなどを連想されるかと思います。
もちろん、市内の飲食店でもこのような王道な金目鯛メニューはたくさんの飲食店でご提供中。そして、やはり人気メニューなのです。

そんな中イタリアンレストランや、ハンバーガー店、居酒屋、カフェなどでも金目鯛料理があるのが、日本一の金目鯛を誇る下田の特徴でもあります。
各店舗、それぞれの逸品金目鯛料理を召し上がることができますが、今回紹介するのは中華料理 一品香の「きんめとエビのワンタン塩ラーメン」。


 

↑これが「きんめとエビのワンタン塩ラーメン」。金目鯛とは関係ありませんが、特製チャーシューが5枚ものっていてかなりのボリューム!
下田市外浦地区でとれた塩を使ったスープと岩のりが合います。・・・・金目鯛?


↑ちゃんとあります^^この白いワンタンの中に金目鯛とエビが入っています。見た目よりずっしり♪一品香の人気NO1メニューのようです^^

こちらの一品香の「きんめとエビのワンタン塩ラーメン」は、メディアや情報誌などでも取り上げられ、下田ではかなりの有名店です(^^)/


他にも、「世界のレバニラ」や「激辛ファイヤー麻婆豆腐」などなど、食べて納得のネーミングを持つ人気メニューもお楽しみに!


↑これは、一品香自家製 食べるラー油「うめぇラー油」。


↑餃子をオーダーすると食べるラー油も付いてくるので、お好みでどうぞ^^


天然塩ラーメンを作る時に出るかつお節を粉末にして1度「おかか」にした後、10数種類の調味料と揚げネギを合わせ自家製ラー油に漬けて出来上がるとのこと。
餃子に合うと思います(>▽<)

←店内でも販売しているので、ご家庭でも試してみてくださいね!冷奴などにも合いそうですよ!


↑店内はいかにもの中華料理店。明るい店内に、店員さんの明るい声が響きます。


金目鯛取扱中華料理店はまだございますが、本日は一品香を紹介いたしました。

伊豆急下田駅から徒歩3分の場所にございます。

【一品香HP】http://www.ippinko.com/


※画像はアロエの花が満開になる1月に撮影したものです。
伊豆白浜(下田市白浜)はアロエが多く自生していて、民家の軒先などにも必ずといっていいほど植えられています。露地でキダチアロエが育つ環境は全国的にも無雪、無霜の場所に限られ、当地のように群生出来るところは稀と言われています。

アロエの花言葉・・・・

それは

「永久の健康」 * * *

また、

「医者いらず」とも言われています。

下田で育った私は、子供の頃、転んで傷を作って帰ってくると、祖母がアロエを塗ってくれました。

でも、アロエの魅力は傷を癒すことだけではないんです!

ここ伊豆白浜では、白浜民宿研究会の皆さんを中心に、アロエの料理を民宿の宿泊プランとしてご提供しています。
20年以上前アロエブームが沸き起こり、元々アロエが多かったこの土地で伊豆白浜観光協会主催 アロエ祭り(今のアロエの花祭り)が開催されることになりました。

このお祭りをきっかけに、民宿(当時約20軒程)で集まりアロエの料理の勉強や研究を重ね、お客様に召し上がっていただけるまでにされたとのこと。

【アロエの効能】
■肌を引きしめる
■成人病に効力発揮
■免疫力を増幅させる
■ホルモンのバランスを整える
■脂肪を減少させる
■悪玉コレステロールを減少させる
■血液をさらさら綺麗にする

こんなに素敵な効能のあるアロエ、民宿の宿泊プランを利用されると、食べるアロエだけでなく、アロエ風呂にも浸かれるという、正にアロエ三昧をご体験いただけますよ!


 

先日、市民を対象としたアロエ料理教室を取材してきましたのでご紹介します。

思っていた以上に癖がない!

美味しい!

苦くない!

・・・家でも私でも作れるかも!?

と言った、予想外の感想を抱えて書いたレポです。


↑アロエ料理には下ごしらえが必要。まずは、緑のトゲトゲした皮を剥き透明な身(?)の部分を湯がきます。


↑湯がいたら水で冷やします。


↑これはアロエの葛きり風柚子蜜仕立て(甘味)作りの様子。下ごしらえして冷やしたアロエに蜜を和えます。


↑アロエと、玉ねぎ、にんじん、さや豆、さつまいも、ひじき等を使ったかき揚げを作ります。


↑揚げてるそばから大変良い香りが漂ってきます。


↑甘味作りは下田の創作和菓子店ロロ黒船の職人さんに教えてもらいました。


↑アロエ入りかき揚げ。使った食材からしてヘルシー!


↑アロエのお寿司。一見、白身魚のお寿司かと思いました。酢飯にも合います!


↑アロエの葛きり風柚子蜜仕立て(甘味)。ツルツルしたのど越しのアロエと、爽やかな柚子の風味が大変マッチします。これからの季節におススメです。


↑作った後は試食会。作った感想や食べた感想など語り合いました。


↑今回はグループに分かれての調理となりました。白浜民宿研究会の方と生徒さんたちです。

白浜民宿研究会加盟の民宿の方のお話しの中で、赤いアロエの花が咲くころ(1月)は、アロエの花を天ぷらにしてお客様にお出ししているようです。
赤いアロエの花が食卓を彩っている様子を想像すると、試してみたくなる筆者でした。

アロエ三昧の宿泊プランをご希望の方は、民宿 南風(下田市観光協会加盟宿泊施設)がございます。⇒http://minshuku-minamikaze.com/

その他の民宿は、伊豆白浜観光協会にお問い合わせください。
⇒℡ 0558-22-5240

下田市観光に関するお問い合わせは・・・
下田市観光協会へ
℡0558-22-1531

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
pagetop