海洋浴の郷「下田」
伊豆下田観光ガイド
ホーム 観光ガイド 見る 泊まる 買う 食べる イベント 下田の歴史 下田の海 アクセス リンク
見る
泊まる
買う
食べる
海
体験
湯
アロエの花まつり
2014年12月13日〜2015年1月12日
9:00〜15:00
お問い合せ
伊豆白浜観光協会
 下田市白浜2747-1
 TEL:0558-22-5240
イベントのご案内
12月21日(日)
・龍宮鍋(地魚入り)サービス 先着300名様 
・白浜太鼓の実演 ・餅まき
◆詳細については「伊豆白浜観光協会」へお問合わせ下さい。 
期間中、売店ではアロエ製品の販売を行い、アロエ茶の無料サービスを実施しています。9:00〜15:00
【アロエ料理・アロエ風呂】
白浜地区の民宿では、万病の妙薬として重宝がられてきたアロエをお茶や刺身、天ぷら、ハンバーグなどで食せます。又、アロエ風呂は体が温まると好評です。(要予約)
伊豆白浜「アロエの里」
白浜一色地区はアロエの里とよばれ、家々の回りや付近の海岸に多くのアロエが育成しています。花の咲く時期になるとアロエの里のあたりは一面が赤く染まる程きれいになります。
地元ではアロエのことを医者いらず、医者泣かせといい、胃腸、便秘、やけど、虫さされ等健康づくりに愛用しています。又、この期間中、白浜の民宿へ宿泊すると、お客様の希望によってアロエ風呂、アロエ料理を楽しむことができます。
アロエ料理
万病の妙薬として重宝がられてきたアロエをお茶や刺身、天ぷら、ハンバーグなどで食します。又、アロエ風呂は体があたたまると好評です。
アロエの語源
アロエの語源は、アラビア語のaloehで「苦い」という意味の言葉です。日本ではアロエのなかでも、昔からキダチアロエを愛用してきました。その名の由来は「小高い木のようになるアロエ」からきています。
アロエはユリ科アロエ属の常緑多年草で原産地は主にアフリカ。アロエは生命力が強く、どんな環境にも形態を変えながら適用しています。日本でもっとも知られているアロエは医者いらずの愛称で親しまれてきた葉の細いキダチアロエ。健胃剤や下剤、切り傷など日常のけがの応急処置として用いられてきました。
アロエの里 案内図

大きな地図で見る
下田市観光協会 
〒415-8505
静岡県下田市外ヶ岡1-1
TEL :0558-22-1531
FAX :0558-22-1533
このページの先頭へ↑
copyright © Shimoda Tourist Association All Rights Reserved.