伊豆下田観光協会公式サイト

translation

今だけ!オウサマペンギンのヒナに会いにきてください(^^)

イルカにアシカやアザラシ等など、下田海中水族館にはかわいらしい海の動物たちがたくさんいます。

今回、筆者の心を奪ったのは・・・
オウサマペンギンのヒナ!!


お分かりかと思いますが、左が親ペンギンで右がヒナ。親子で直立不動の姿は、目を見張ってしまうものがあります。

水族館のスタッフ
「キウイフルーツ見たいでしょ(*´▽`*)」

・・・まさに!!!

雛特有の綿羽(めんう)というものに包まれた姿は本当にキウイフルーツのように見え、更に見た目のフワフワはキウイフルーツにはない抱き心地が絶対的に想像力を掻き立てます✨✨

「きみ、本当にオウサマペンギンなのかい?」と思わず話しかけてしまいたくなるほどのかわいさ。
きっと数か月後には親ペンギンの様に綺麗で立派な姿に成長するんでしょう(#^.^#)


親ペンギンも気持ち良いのかスリスリしています。


いつもベッタリかと思いきや、たまには親ペンギンと離れることも・・・・

このモフモフのヒナに会えるのは今年の4月くらいまでかな~とのことです。

是非是非、今しか見ることのできないオウサマペンギンのヒナに会いに来てください(≧▽≦)

下田海中水族館のオウサマペンギンについて
⇓ ⇓ ⇓ ⇓
1990年よりオウサマペンギンの飼育しており、繁殖にも成功しています。
今回8月1日に孵化した雛は昨年に続いての繁殖成功で、下田海中水族館では11羽目の誕生となります。

《オウサマペンギンについて》 英名 King Penguin   学名 Aptenodytes patagonicus
コウテイペンギンに次ぎ2番目に大きい種類です。南極大陸周辺の島々に
生息し、産卵巣を作らず足の上に卵1個を乗せ、そこに抱卵嚢(ほうらんのう)
をかぶせて温めます。
ペアで交代しながら温めた卵は約54日で孵化します。

下田海中水族館公式サイト
https://shimoda-aquarium.com/
緊急事態宣言発令後、新型コロナ感染症の感染者拡大の現状を鑑み、2月7日までの平日は休館とさせていただき、期間中は土日のみ営業となります。
(2/3追加)2月8日(月)~3月5日(金)までの期間、土日のみ営業、平日と祝日は休館になります。営業時間は9:30~16:30、最終入館は15:30となります。

下田海中水族館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pagetop