伊豆下田観光協会公式サイト

translation

お土産

●下田時計台フロント
http://www.front-shimoda.jp/

干物・鮮魚店

●ひもの万宝
https://manpou.shop-pro.jp/

● 小木曽商店
http://www2.enekoshop.jp/shop/ogiso-himono/

●蒼海の宿ならいの風
http://narainokaze.com/awabi-form/?fbclid=IwAR3ekoTk5Pdex1MrV3siOjBg7VaiwTQ3EZUlBKeOaKoLJevnTtJIdybAj9E

●渡邉水産
https://www.watanabe-suisan.co.jp/item.php

銘菓

●平井製菓
https://hiraiseika.shop-pro.jp/

グルメ

●一品香
https://www.ippinko.com/%E9%80%9A%E8%B2%A9/

地場産品

●高橋養蜂
https://takahashihoney.net/store/catalog/124/_d/g/100/

昭和36年、伊豆急下田駅の開通と同時に開業した「下田時計台フロント」は、伊豆急下田駅のロータリーに聳え立ち、58年経った今でもその存在は大きく、下田に訪れる方のシンボルとして活躍しています。

フロント外観。手前はお土産などのショッピングスペース、向かって右側は食事処。
どちらもレトロ感を残したオシャレな空間!
「下田ミルクもち」と「究極の紅茶」のタペストリー。
何とも気になるネーミングではありませんか!?

ショッピングへの期待が膨らんだら店内へ是非!

下田定番のお土産はやっぱり干物。

真空パックになっているので電車でも匂いを気にせずに持って帰られますね!

日本一の水揚げ量の下田。金目鯛にちなんだお菓子も販売しています。
金目鯛めしの素や金目鯛の缶詰も!
昔ながらの梅干し✨
様々な効能が期待できる古代米。

筆者が一番気になったのはこれ!
↓ ↓ ↓

MCTオイル✨

美意識の高い方に愛用されているというこのオイルを南伊豆産の「いちぢく」や「ニューサマーオレンジ」を合わせたもの。
※画像の「とうがらし」は地場産ではありません。

2020年は美意識高めようか・・と新たに抱負を抱いた筆者。早速1本購入。


インスタグリア✨

フリーズドライした南伊豆産のフルーツがぎっしり。ボトルにお気に入りのワインを注げばオリジナルのサングリアが楽しめます(≧▽≦)


南伊豆フルーツミックス✨

どれもこれもインスタ映えのする商品ばかり!

スタッフの方もおススメの商品です(^O^)気になったら是非お試しください♪


下田の風景が描かれたオチョコグラスも人気。
下田在住のスケッチ画家「いけみかなこ」さんが描いたものです^^

そして爆発的な人気商品なのがこれ!
↓ ↓ ↓ ↓

下田ミルクもち

昨年8月にテレビで紹介されてから、未だ人気が衰えず、正月も午前中で売り切れてしまったとか。


まだまだ紹介しきれない下田土産がたくさんのあります。
食事処も併設されています。

しっかりとした食事から軽食まで。またカフェタイムまでご利用いただけます。

【下田時計台フロント】
〒415-0035静岡県下田市東本郷1-5-2
営業時間:お土産9:30~17:30 / 食事10:00~16:30(LO16:00)
電話番号:0558-22-1256

http://www.front-shimoda.jp/index.html

【日にち】令和元年12月12日(木)
【時 間】11:00~17:00
【場 所】有楽町交通会館1Fイベントスペース

あま~いお菓子を召し上がれ!
伊豆下田市は実はスイーツ激戦区。人口約2万人の小さな街に

約20店舗もの和洋菓子店が点在します。
次々と登場する四季折々のお菓子は観光客や市民を飽きさせず、
歴史あるお菓子たちは不動の人気を維持。
そんな数ある市内のお菓子からスイーツ大好きスタッフが
選りすぐり、有楽町交通会館イベントスペースにてご紹介します!
1日限りの下田スイーツフェアへ是非お出かけください。

まだまだある!全12種類のお菓子をご用意します(^O^)

500円お買い上げ毎に1回ガラポン抽選ができます。

↓ 賞品はこれ ↓

1等* 下田温泉ペア宿泊券
2等* 伊勢海老1kg
3等* サザエ1kg
4等* 下田市観光協会オリジナル手ぬぐい
5等*  オリジナル絵葉書
6等* 飴

空くじなし!

お支払いは現金又はPayPayで!

水仙のかざぐるまプレゼント!

12月20日から開催される水仙まつりを宣伝するために100名様に差し上げます!
配布時間は12:30~/15:00~。お早目にお越しください(^^)/

伊豆下田 水仙まつりは12/20~1/31まで開催。300万輪もの純白の水仙をお楽しみください。

【開催場所】
東京交通会館1Fイベントスペース
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1

伊豆急下田駅から銘菓を販売しているお店などを覗きながら歩くこと約15分。
もしくは
道の駅 開国下田みなとから、港に停泊している漁船などを眺めながら歩くこと約15分。

いきなり視界に入ってくるレトロなホーロー看板「アケゴコロ」。
思わず立ち止まってしまうほどの存在感のあるこの壁の持ち主は伊豆石を使用した明治創業の酒屋 「土藤商店」。

#レトロ #看板 
この言葉にグッとくる方なら、是非もう一歩踏み込んでいただきたい。

土藤商店(この建物)の狭い道を挟んだ反対側にある蔵には、更にたくさんのレトロ看板が展示されているのです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2734-2.jpg です

看板以外にも骨董品が見学できるこの倉は見学自由!

若い方には新鮮かも知れませんね。
筆者のような40代には「子供の時に見た記憶がある」程度のうっすらした思い出が思いを熱くさせてくれます。

こちらは冒頭で紹介した看板を掲げる建物「土藤商店」。
間口だけではレトロ感はありませんが、店内にある冷蔵庫にも心打たれます。


「冷シビール」。
レトロってどこかしら可愛らしく感じます。

昔懐かしい外観に店内ではございますが、ショッピングは今どきのキャッシュフリー対応店!

下田のお米を使って作ったお酒「黎明」の販売店でもございます。

下田まちなか散策に是非お立ち寄りくださいませ!

【土藤商店】 〒415-0023 静岡県下田市三丁目6番30号 Tel&Fax 0558-22-0021 URL http://www2.tokai.or.jp/tsuchito/


伊豆急下田駅から徒歩15分。黒船来航の記念館「下田開国博物館」に隣接する土産店「豆州庵」。

ここには地域限定販売や下田でしか買うことのできないお酒が勢揃い!


筆者が一番気になったのは河津桜酵母で作った日本酒「河津桜 喜平」☆甘口だけど甘ったるくなく飲みやすい。そして、しっかりと桜の香りもあります。
これは静岡の米と河津桜から採種された酵母を用いて醸造されましたもの。見た目も味も女性向けな気がします。春らしくて個人的には好きです^^


右側の「下田美人」は、伊豆市修善寺の酒蔵で作られています。サラリとした喉越しとしっかりした米の甘味が感じられます。伊豆の食材と相性がよさそう!


左から、タウンゼント・ハリス、吉田松陰、斉藤きち、吉田松陰、マシュー・カルブレイス・ペリー。青いボトルが純米酒、茶色いボトルが吟醸酒とのことです。
全種類並べて飾っておきたいようなオシャレなボトルです。


下田のお米で作った「黎明(れいめい)」。画像は焼酎ですが、日本酒もあります。時季によっては手に入りにくい時もあります。


大関ワンカップ静岡仕立て。お土産に、静岡に来た記念に、帰りの電車の中で・・いかがでしょうか?


今から約350年前にできたお酒と薬味を調合した「保命酒」。御用酒としてペリー提督にも振る舞われたり、ハリスも愛飲されていたそうです。


静岡県や下田にまつわるお酒以外にも、八丈島の名酒も。
このお酒のストーリーを知ると、更に情け嶋が好きになるはず!


情け嶋のストーリーについて熱く説明してくれる社長(右)。話しがおもしろい!社長はお店にいないことが多いので、この話しが気になる方は、豆州庵 山梨さんを訪ねてみて!他のお酒のお話しも楽しいですよ♪


棚にはぎっしりと多種なお酒が並んでいます。見ているだけでもおもしろい!

観光の楽しみの一つはショッピング!
見るだけでも楽しい、そして見るだけなら無料(^^)
豆州庵でも試飲のできるお酒もあるので、お酒好きな方には是非お立ち寄りいただき、お気に入りのお酒を見つけてほしいです!

※商品の価格及び販売物につきまして、平成30年2月2日現在となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pagetop