伊豆下田観光協会公式サイト

translation

絶景と縁結びの名所として下田の人気観光スポットの1つが「寝姿山」。
遠くから見ると女性の寝姿に見えることからこの名前がつきました。
山頂では縁結びのご利益がある愛染堂や、下田港が一望できる展望台が各所に設けられ、コース沿いには四季折々の植物を楽しんでいただけます。

そんな寝姿山山頂へ運んでくれるのが「下田ロープウェイ」。8月1日のリニューアルオープンを終え、重厚感のあるロープウェイや山頂展望台がお客様に好評をいただいております。

寝姿山山頂の遊歩道マップ。サクサク歩くと15分程度で1周できます。展望台で絶景や通路沿いの植物、愛染堂・・などゆっくり見学していただくには1時間~1時間半くらいかかりそうです。
乗り場からたったの3分で寝姿山まで行けますよ!
車内アナウンスと下田市内の景色をお楽しみください。
山頂駅はこれから行く自然公園への期待を膨らませてくれます✨
展望レストランは8月30日営業開始!店内はまだ未公開とのことですが、水戸岡鋭治さんのこのデザイン!営業開始が待ち遠しです。
山頂駅を出るとすぐ伊豆七島の配置図と下田港の景色がお待ちかね。
この看板を見ながら、遠くに見える伊豆七島を見つけてくださいね!
テラスは透明なガラスが解放感を感じさせてくれます。

今日はソヨソヨと吹く風が心地よく、海の景色を前に、椅子に座って鳥の囀りを聞いていると涼を感じさせてくれているようでした。

テラスで休憩をしたら更なる絶景が待つ遊歩道へお進みください。
是非、ご家族やお友達、大事な人と一緒に寝姿山散策をお楽しみくださいませ!

【下田ロープウェイ】
〒415-0035 静岡県下田市東本郷1丁目3−2
0558-22-1211

伊豆急下田駅から銘菓を販売しているお店などを覗きながら歩くこと約15分。
もしくは
道の駅 開国下田みなとから、港に停泊している漁船などを眺めながら歩くこと約15分。

いきなり視界に入ってくるレトロなホーロー看板「アケゴコロ」。
思わず立ち止まってしまうほどの存在感のあるこの壁の持ち主は伊豆石を使用した明治創業の酒屋 「土藤商店」。

#レトロ #看板 
この言葉にグッとくる方なら、是非もう一歩踏み込んでいただきたい。

土藤商店(この建物)の狭い道を挟んだ反対側にある蔵には、更にたくさんのレトロ看板が展示されているのです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_2734-2.jpg です

看板以外にも骨董品が見学できるこの倉は見学自由!

若い方には新鮮かも知れませんね。
筆者のような40代には「子供の時に見た記憶がある」程度のうっすらした思い出が思いを熱くさせてくれます。

こちらは冒頭で紹介した看板を掲げる建物「土藤商店」。
間口だけではレトロ感はありませんが、店内にある冷蔵庫にも心打たれます。


「冷シビール」。
レトロってどこかしら可愛らしく感じます。

昔懐かしい外観に店内ではございますが、ショッピングは今どきのキャッシュフリー対応店!

下田のお米を使って作ったお酒「黎明」の販売店でもございます。

下田まちなか散策に是非お立ち寄りくださいませ!

【土藤商店】 〒415-0023 静岡県下田市三丁目6番30号 Tel&Fax 0558-22-0021 URL http://www2.tokai.or.jp/tsuchito/


吉永小百合さん出演のテレビCM「大人の休日倶楽部」が先日放映され早くも話題をよんでいます!

公式HP: http://www.jreast.co.jp/otona/tvcm/
キャスト:吉永小百合さん
ロケ地:爪木崎、龍宮窟、恵比須島など

この作品は、2018年4月にユネスコ世界ジオパークに認定された伊豆半島のいくつものジオサイトをめぐりながら、2000万年前の伊豆半島に思いを馳せる大人の地球発見の旅がテーマとなっており、下田市では爪木崎や龍宮窟、恵比須島が舞台となり、南伊豆町ではユウスゲ公園が舞台となっています。

公式HPからも作品をご覧いただけますので是非ご覧になってください(^^)/
また、同じく東日本の駅にて龍宮窟のポスターが掲載されています。JR東日本の駅をご利用の際は是非探してみてくださいね!


さて、大人の休日クラブのイメージキャラクターである吉永小百合さんが巡った龍宮窟や爪木崎・恵比須島などにお立ち寄りいただき、伊豆のジオをお楽しみください。

【龍宮窟】
※現在落石の危険があるため龍宮窟内天窓下への立入を規制しております。龍宮窟上部遊歩道は通行可能です。

下田で一番神秘的なスポットで、たくさんのお客様が訪れています。
https://www.shimoda-city.info/tourism/ryugukutsu.html

【爪木崎】

白亜の灯台とどこまでも澄んだ青い海、そして冬には300万本もの水仙が有名な県内屈指の景勝地です。
伊豆半島のジオサイトでもあり、西側の海岸には「俵磯」と呼ばれる柱状の岩が整然と積み重なった景色が一面に広がっています。この柱のような岩は「柱状節理」と呼ばれ、自然の壮大さを感じさせてくれます。
https://www.shimoda-city.info/tourism/tsumekizaki.html

【恵比須島】

須崎半島の南端から橋で渡れる小島、恵比須島。南側に広がる海食棚の千畳敷は磯遊びに最適の場所です。
島は海岸沿いを一周できる道や頂上へと通じる遊歩道があり、手軽に島内散策が楽しめます。朝明けと落日の景色は特に素晴らしい景色です。
https://www.shimoda-city.info/tourism/ebisujima.html


伊豆半島は火山活動を繰り返しながら、プレートの動きに伴い徐々に北上し本州と衝突してできた半島です。

この機会に、伊豆の太古のロマンを体験してみてくださいね!

伊豆半島ジオパーク推進協議会(伊豆半島のジオの情報はこちらから!)
https://izugeopark.org/

 

昨年(H29)7月に運行を開始し口コミ等で話題を呼んでいる豪華観光電車 THE ROYAL EXPRESS(ザ ロイヤル エクスプレス)。

今回は、そんな移動する最上級ラグジュアリー空間をご紹介いたします!



↑横浜駅にあるTHE ROYAL CAFE。
こちらがTHE ROYAL EXPRESSの乗車前の待合所となります。


↑店内に入るとにこやかに迎えてくれます。紅茶又はコーヒー(アイスorホット)を選び、乗車前のワクワク感を、一息つきながらたっぷりと味わいましょう。


↑店内ではグループ毎にスタッフが、乗車の説明と記念乗車券を手渡します。
出発時には声をおかけしますので、時間を気にしないでゆったりとお待ちください。


↑カフェからは乗客のお客様をスタッフが誘導しホームまで移動します。カフェから乗車まで、不安もなくとてもスムーズ!


↑THE ROYAL EXPRESSはネイビーのベースにゴールドの色合いが特徴。上品さと重厚感で気持ちも高揚します!


↑車輛は全て趣が異なります。共通して言えるのが、どの車輛も上品であって豪華!


↑天井までゴールド!まるでルネサンス!!


↑どの車輛のどのシートもゆったり。下田ー横浜間の移動時間もストレス0で過ごせそう。


↑乗車後、指定シートに到着すると既に食事のセットがされています。食事の期待感も高まりますね^^


↑ちなみに筆者はこのシートが気になりました^^


↑席に座ると、何ともいいタイミングでウェルカムドリンクがいただけます。クルーの方々のにこやかな接客に、お客様も満足そうです。


↑メニューは静岡産の食材が豊富です。下田産はクレソン!


↑「駿河湾産桜えびと静岡産筍のおすまし 静岡産岩のりの香り」


↑(左)「静岡産さざえと春野菜のぬた和え」(中央)「沼津港より手長海老の椎茸巻き」(右)「由比のツナとトマトのお米のサラダ」


↑「静岡産イサキのラザニア 下田クレソンと共に」


↑「オックステールの赤ワイン煮込み 春野菜添え」


↑静岡いちごと丹那牛乳アイスのパルフェ

どれもこれも、地の食材が上品に調理されています。
静岡を良く知るとおっしゃるお客様にインタビューさせていただきました。
「どのお皿も満足。静岡の香りが懐かしく、嬉しくいただきました。デザートもおいしかった」とのお言葉をいただきました。
(インタビューのご協力ありがとうございました。)


↑お腹が満たされたらのんびりと景色を楽しめます。


↑クルーの方が教えてくれたこの電車の特徴・・「窓が木枠なので、まるで絵画を見ているよう」。本当に!特に伊豆に入ってからの東海岸沿いの景色が、額縁の中の絵を見ているようです。


↑ 展覧会や結婚式にも使用できるマルチスペースでは、バイオリンとピアノの演奏会が楽しめました。黄金の天井は、特殊技術の「電鋳」で製作した黄金のパネルを、世界で初めて天井に配した特別車両!食後にこの優雅な空間での生音楽が流れる時間・・・電車だということを忘れてしまいそうです。


伊豆急線に入ると、あちこちでお客様を歓迎し手を振っています。

撮影し損ねましたが、道行く人も手を振り、伊豆全体で歓迎ムードに(^^)

是非、THE ROYAL EXPRESSを利用して、最上級のラグジュアリーな伊豆の観光をお楽しみくださいませ!

【THE ROYAL EXPRESS公式ホームページ】 https://www.the-royalexpress.jp

大正9年4月15日に国指定重要文化財に登録された下田市蓮台寺の大日如来坐像を守護する四天王立像(下田市指定有形文化財)が京都の国宝修理所「美術院」で修繕を終え3月にご帰還されました!
今、大日如来坐像とこの四天王立像が祀られる天神神社周辺では枝垂れ花桃が開花し、それに合わせたイベントも開催されます。
春休みは、下田市蓮台寺にお立ち寄りいただき、日本情緒溢れる花桃と国宝級の文化財をご堪能くださいませ!



目印はこちら。お車の方はこの先に臨時駐車場を設け、地域の方が誘導しています。(3/31~4/8に限る)


大日如来像を見るにはこの階段を上り切りましょう!117段・・・。息が切れますがご利益もあり!?


階段を登りきると、こんな立派な根っこをもつ樹木もあります。パワーを感じられそう!


昨年の大日如来坐像公開時の様子です。左側に祀られるのがメインの大日如来坐像!


真言密教の最高仏である大日如来は、全ての仏や菩薩のもととなる仏とされています。天神神社の大日如来坐像は像高1,1m、桧材寄木造り、宝冠を被り、両手は胸の前で智拳印を結ぶ金剛界の大日如来です。お顔はご覧の通り、豊かな肉付きの顔かたちと、うつむいた眼差しは円満な相貌を表し、大変穏やかな雰囲気を感じられます。
制作は鎌倉時代初期と考えられており、南伊豆仏像彫刻の中の優品です。



この4体が昨年4月~今年3月まで不在にしていた四天王立像。ナント、修復中、増長天(↑左下)の背部より1704年(宝永元)の修理銘板が見つかりました!既に江戸時代前期において四天王として整っていたことが判明。詳細については不明な点がありますが、修理に携わったのは京都の仏師のようです。

大日如来坐像及び四天王立像について更に詳しく知りたい方は、こちらをダウンロードしてご覧ください↓ ↓
大日如来坐像パンフレットPDF(約2M)


尚、特別公開日は下記「蓮台寺しだれ桃の里祭り」の期間(3/31~4/8)となります。
会えるのは年に数回なので、是非この機会にお越しくださいませ!


30年ほど前、個人の休耕田を利用してタネをまいたのがしだれ花桃の始まりで、以来、地域の人たちの手で少しずつ増やしてきました。接ぎ木などは1度もやらず、 すべて実を収穫してタネをまいたそうです。
今では休耕田だけでなく、裏山にも広げ、およそ70本に広がり、蓮台寺地区全体のシンボル的な花になっています。
濃いピンクや白い花がおとぎ話しの様な長閑な雰囲気を醸し出し、一帯を華やかにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pagetop