伊豆下田観光協会公式サイト

translation

9月下旬に実施された「下田・南伊豆・河津町がんバル」に参加した筆者。

せっかくのバル企画・・。ならばバルの特別感あることにチケットを使おう!
という自分自身の目的を決めたら、行きたいお店や施設をバルメニューと睨めっこをし吟味。

チケットは5枚・・5枚でどれだけ楽しめるか・・。
を考え、飲食店×2 & 体験 & 日帰り入浴×2を私なりのコースにして1日を楽しんできました(^^)/
もちろん、バルの楽しみは人それぞれなので来年参加する方はバルメニューで予定をたててくださいね!

そして、そんな私がチケットを使った中の1軒。「大地の彩 花月亭」
ここを選んだ理由は、普段日帰り入浴をやっていないから!
※実際は受入はしているようですが、大々的には日帰り入浴としてはPRしてないそうですよ^^
バルのこの期間を利用して、気軽には行くことのできないと思っていた旅館の温泉入浴を満喫してまいりました。



下田市には海も山もあり。花月亭のある「蓮台寺」は山側。海は見えませんが、蓮台寺には温泉が豊富に湧く出でる風情ある地域です。その一角にある立派な門構えが目印です。


お出迎えの丁寧さやエントランスなどなど日本情緒を感じる館内でしたが割愛させていただき、早速中庭にいる鴨からご紹介。
なんでもこの鴨たちは館内で生まれ育ったとのこと。人懐こい仕草で近づいてきます。


あひる?純白なのに鴨です。同じ両親から生まれて兄弟たちと違った色なんだとか。みにくいあひるの子の様ですね!一際目立ってました。


この広々とした優雅な中庭を眺めながら楽しめる足湯もあります。鴨に餌やりもできるという、非日常的を味わえます。


さて、目的の大浴場へ行くまでの道のりでかなりテンションが上がってしまった訳ですが、いよいよ入浴!浴槽は豪華さはありませんが、奈良県の名僧・行基によって開湯されたという伝説が残る蓮台寺温泉の歴史をしみじみと感じられます。この蓮台寺温泉は、開湯1300年の歴史を誇る里山の源泉としても知られ、花月亭の裏山からは今もなおこの源泉が毎分190リットルも湧き出しているんだとか。


広々とした深めの露天風呂にゆったりと身を沈めて、上を見上げると満天の星たちが!蓮台寺はビルやお店が少なく、また伊豆の澄んだ空気が相まっている証拠でしょうか。きっと、明るい時間帯なら緑に囲まれた湯浴みが楽しめそうです。竹製のデッキスペースも心地よく、温まったらデッキで体を冷やして最後は大浴場でじんわりと温まって参りました。


天然温泉を満喫し、もうすっかり宿泊者気分。清潔感溢れるラウンジでのんびりと今日1日のバルコースをまったり思い浮かべながら、中庭の鴨たちを眺めているとうっとりとした別世界へ。



一角には畳のスペースもあります。



落ち着いた和風空間の館内はとても居心地良く、旅館ならではのおいしい食事とふかふかの布団で旅の思い出を作るのにおススメです。


図書コーナーもあり、ゆったりした時間を過ごして欲しい旅館でした。

【大地の彩 花月亭の予約はこちら】
↓ ↓ ↓
https://www.shimoda-city.info/stay/318264
又は、
下田市観光協会(0558-22-1531)まで。


この写真は下田市に9か所ある内の1つである、多々浜海水浴場。

夏は海水浴客で賑わい、オフシーズンはサーファーが集う1年中人気のビーチです。
多々戸浜海水浴場を含む下田市の海水浴場の透明度は抜群に良く、温暖な下田の気候と相まって、天気の良い日はただただそこにいるだけでも心地良く過ごせます。

そんな絶好なロケーションの高台にある下田大和館(写真右上の建物)では、10名様以上限定のプランで、温泉とランチが楽しめます^^


ロビーからの景色はもちろん海!既にここで期待度up。


こちらがランチです。色とりどりのお膳が食欲をそそります!竹の皮の中身は金目鯛の粕漬け。
他にも炊き立ての白米に合う食事です。
「何回でもおかわりしてくださいね~」と、仲居さんが気持ちよく声をかけてくれます。


お腹が満たされたら、お風呂までしばし休憩・・。食事処は眩い光が差し込み暖かい。

いよいよ大浴場へ!


湯船からの景色も海! ※画像は下田大和館提供


肩まで浸かると屋根も隠れます。白砂と海と空の大パノラマ。まるで海と空と一体になる感覚です。


露天風呂はこれ!本物のヨットを5Fまで上げてしまったそうです。爽快感が凄い!
※画像は下田大和館提供


温まったら椅子に腰かけて体を冷して、また温泉へ^^


下田大和館は男女入れ替え制で宿泊されると2つの大浴場が楽しめます。

もう1つの大浴場にある露天風呂がこちら↓

5Fにある大浴場から更に階段を登るとある露天風呂です。絶景も合わせて風情があります!
※画像は下田大和館提供


温泉を満喫したら広々とした湯上り場で海を眺めながらのんびり・・・


マッサージチェアもあります^^

今回のランチ&温泉プランは、海もランチも温泉も楽しめる内容も充実したプランです。

チェックイン前の時間帯なので、混雑もありません。


筆者が旅に出て宿泊施設を利用するときは、遊びこんだあとの夕暮れ時。
こんなロケーションで食事と温泉を楽しめる日中の宿泊施設は、宿泊時間帯の雰囲気とまた異なります。


滞在時間は約2時間半。ゆっくりしたいなら3時間程。
15時発の送迎バスにて、伊豆急下田駅までお送りすることも可。

10名様以上の団体様限定です。

*プラン内容*
料金 ー 3500円(税別)~
10名以上の団体様限定。
要予約。

↓ ↓ 夕食&温泉の日帰りプランはこちら ↓ ↓
料金 – 6480円(税別)~
食事は人気の海鮮炭火焼き料理。
お部屋もご用意いたします。

【下田大和館ホームページ】

https://www.shimoda-yamatokan.co.jp

宿泊のご予約はこちら
https://www.shimoda-city.info/stay/330402

※日帰りプランは直接、お電話にてお申込みください。
05558-22-1000

配信元
【下田市観光協会】
https://www.shimoda-city.info/

伊豆急下田駅より車で20分。

田園に囲まれた長閑な稲梓地区にある里山の別邸 下田セントラルホテル。
下田に美しい海があるのは、美しい里山があるから。

里山の冬は、空気が澄んでいて気持ちがいいものです。
先日の寒波でも雪が降ることはない温暖な下田市ですが、やはり朝夜は冷え込みます。

そんな時は、温泉に浸かっておいしいものを食べてゆっくりと滞在してくださいね!

下田には風情の異なる宿泊施設が19軒、下田温泉旅館協同組合に登録されています。
(その他にも旅館・ペンション・民宿・ビジネスホテル・・・たくさんあります)

今日は、その中の1軒、里山の別邸 下田セントラルホテルをご紹介します。



高級感溢れる門構え。館内での滞在に期待が膨らみます!


まずはチェックイン。


期間限定の食事メニューです。


下田産のお米です!献立終盤まで待ちきれずに出してもらいました^^


デザートは「国産林檎のコンポートと林檎のアイス」。
献立表以上にボリュームもあり魚料理~肉料理まで堪能し(メニューはご確認ください)お腹も満たされたら、大浴場へ!


大浴場に向かっていると目に飛び込んでしまった地酒!


日常的では味わえない旅館での滞在時間には、こんなお酒も試してみたい!


いよいよ大浴場へ!


内湯は大浴場とスチームサウナがあります。シンプルですが湯量豊富な自家源泉はあたたまり、乾燥していたお肌もしっとり。美肌の湯と言われるのも頷けます。
泉質はph9.2のアルカリ単純温泉。無色無臭で入りやすい。(人物の撮影はご本人の許可を得ています)


そして露天風呂。日中なら里山の風景も楽しめそうです!上り場で体を覚ましながらゆったり心行くまで浸かっていたい、そんな温泉です。


大浴場を出ると休憩場があります。2台あるマッサージ機は無料。


飲む飲泉も。飲みやすくはありますが、温泉らしい滑らかさ。体の中から変化していきそう!


温泉を楽しんだら、ロビーに戻って明日の観光の予定をたててはいかがでしょうか?
下田の魅力を30のコースで紹介している、下田30カラーズも設置。是非、ご自分の好きな観光コースをこの中から見つけてくださいね!
(下田30カラーズリーフレット⇒https://www.shimoda-city.info/shimoda/30colors/


館内でご利用いただける車いすもご用意しております。

今回は、里山の別邸 下田セントラルホテルの大浴場を中心にご紹介しました。夜の撮影になってしまいましたが、露天風呂から見る日中の里山の風景もまたおススメです!

気になる方は、ホームページをご覧くださいませ。
https://www.shimoda-city.info/other/central.html

 

ご予約の際は、下田市観光協会へお電話ください!
⇒0558-22-1531

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pagetop