下田市指定文化財「阿弥陀如来坐像」

稲田寺

稲田寺

下田市一丁目14−5

山門を入って右側の阿弥陀堂には、下田市指定文化財「阿弥陀如来坐像」が安置され、左側には安政の東海地震後の大津波で犠牲となった方々を供養する津なみ塚が建立されています。
また、お吉の恋人だった船大工“鶴松”の墓があり、下田名所としてかかせない由緒ある寺院です。