top of page

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

更新日:2022年2月14日

2009年7月23日(木)〜26日(日)の国際カジキ釣り大会の模様です。

★★★★2009年7月24日(木) 大会初日★★★★

第31回国際カジキ釣り大会初日は7本のタグ&リリースと5本のランディングがありました。 今年は黒潮の流れが悪く海水も低かったため、あまり期待されていませんでしたが、初日から良いスタートとなりました。 13:05にストライクし5時間に及ぶファイトの結果、18時過ぎにラインブレイクし残念な結果となりました。 そしてマーリンツナクラブの柏原克巳さんは、何と225,5kgものクロカジキをランディング。圧倒的な大きさに大きな拍手と歓声が会場内に響いていました。日本新記録になるかも知れません! 参加者の皆さん、雨の中のご活躍お疲れ様でした!

『JIBT 1日目のレポート』 前 日まで水温が低く、どれだけ勝負になるのか不安視された中で初日がスタート。ところが、南から前日よりも一気に2,3℃水温を押し上げる24~25℃の潮 が差し込んでいきました。その流れを的確に掴んだ古豪フェニックスが先陣を切って8:41にヒットコール!その後を追って強豪のピンクドラゴンが8:47 にヒットコール!この勝負の軍配はフェニックスに上がり、8:58に推定120kgのクロカジキにタグ&リリース(T&R)、これが初日のファー ストマーリンとなりました。その後もヒットコールが相次ぎ、終わってみればヒットコールは何と27回を数え、T&R7尾とランディング5尾の計 12尾という上々の釣果の初日を終えることができました。 初日の中でのトピックスその1は、最後までファイトしていたゴールデンクロスの大江万葉 さん。13:07からのファイトは5時間3分に及びましたが、18時過ぎに無念のラインブレイク!その2は、若宮丸でマーリンツナクラブが30ibライン の日本記録に相当するクロカジキ225,5kgをあげたこと。 ということで、初日の結果を見る限り、たった1日で状況はがらりと変わり、良い潮と ともにかなりの数のカジキが入ってきているようです。明日以降も水温が高くクロカジキ主体の戦いが繰り広げられそうであり、高得点となる30ポイントライ ンのゲーム性も加わって、結果として初日2本にタグ&リリースし暫定トップに立ったフェニックスも簡単には逃げ切れないのでは?という状況です。2日目も 各艇頑張って安全に良い釣りを!


第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-

第31回 国際カジキ釣り大会 -大会初日の模様-
閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page