伊豆下田観光協会公式サイト

translation

金目鯛日本一

  • キンメダイ日本一!
  • キンメダイは鯛じゃない?
  • これがキンメダイだ!
  • キンメダイの旬を攻めろ!
  • はずせない定番料理は?
  • 自慢の新メニュー!
  • キンメダイどこで食す?

下田港はキンメダイの水揚げ量が日本一なんです

キンメダイ日本一!

金目鯛(キンメダイ)は鮮やかな朱色の中から現れる白身にたっぷりと脂がのっていて、ふっくらとした食感と上品な味わいで大変人気のある高級魚です。そのキンメダイ水揚げ量日本一の港が、下田港。年間の漁獲量は3,000トン以上で、下田で水揚げされる8割がキンメダイと言われています。つまり「キンメダイと言えば下田、下田で魚と言えばキンメダイ」なんですね!

刺身、煮付け、しゃぶしゃぶ…と様々な料理で全国的に知られたキンメダイですが、本格的に漁が行われるようになったのはそれほど昔のことではありません。下田では全国に先駆けて品質の統一や輸送手段の確保を行い、豊富な漁獲高によって「下田のキンメダイ」というブランドを確立しました。

下田港には「金目船」とよばれる漁船が数多く停泊しており、朝の市場はキンメダイの売り買いで活気に満ちています。市場の床はずらっと並んだキンメダイで真っ赤に染まり、さながら赤いじゅうたんのよう。キンメダイ日本一の下田ならではの光景です。


華やかな見た目はお祝いの席にもぴったり

キンメダイは鯛じゃない?

キンメダイは名前に「鯛」がつきますが、実は鯛の仲間ではありません。水深200から800メートルに棲むれっきとした深海魚です。

キンメダイのトレードマークと言えば大きな金色の目。これは深海で生きるための進化の賜物です。暗い海で僅かな光を少しでも多く集めようと発達した結果、このような目を持つようになりました。

またもう一つのトレードマークは鮮やかな赤い色。これも深海魚の特徴の一つです。海は深度が深くなるにつれ水が光を吸収していきますが…光は赤に近い色の波長ほど早く吸収されていくので、水深200メートル程になると青一色の世界となります。つまりこの深さになると赤い身体は光を反射しないので、周囲から見えにくい存在になるわけです。ただし、キンメダイに関して言えば、実は生きているときはもっと淡い赤色なのだそうです。

その華やかな見た目から、お祝いの膳にはつきものの鯛の代わりもつとめてきたキンメダイ。名前の一部に「鯛」がつくのはそのためだとも言われています。


深海魚キンメダイの知っておきたい基礎知識

これがキンメダイだ!


年に2回も旬があってお得な気分

キンメダイの旬を攻めろ!

キンメダイは深海魚なので年間を通して水揚げされますが、旬は12~2月。肉厚でしっとりとした口当たりが最高です!

また、産卵直前の6~7月も脂がのり美味しく食べられます。そんな時期に合わせたイベントが毎年6月1日から30日に開催される「下田きんめ祭り」。金目鯛料理づくしで下田グルメを堪能しましょう!定番の刺身や煮付け以外にも、バーガー、コロッケなどなどB級グルメも楽しめますよ。また、「日本一の金目鯛を巡るツアー」ではきんめ市場間際にある特設エリアから迫力のある水揚げの見学もできます。


定番だけあってどれを食べても間違いなし

はずせない定番料理は?

キンメダイの料理と言えば「刺身」「煮付け」「しゃぶしゃぶ」などが定番。白身魚ながら脂がよく乗っていて、トロリとした舌触りと濃厚な旨みが一番の魅力です。身はふっくらとして柔らかく小骨が少ないので、子供や老人にも食べやすいのもうれしいところ。

[刺身]にすると口の中にとろけるような甘みが広がります。[煮付け]ると甘みのある脂が煮汁に溶け出して、魚の旨味を余すところなく味わうことができます。[しゃぶしゃぶ]では魚のうまさをダイレクトに味わえます。旨味が溶け出したスープで、野菜も一段と美味しさアップ。

また、頭やアラからは良いダシが出るので、みそ汁やブイヤベースにすると絶品です!


自慢のキンメグルメをど〜んと味わって欲しい

自慢の新メニュー!

キンメダイ日本一!の下田では、続々と新しいキンメダイ料理がうまれています。下田のキンメダイを食材としたオリジナルメニューほんの一例をご紹介します。

[海鮮丼]
下田近海でとれた新鮮な魚とジキンメで豪華な海鮮丼が完成!

[天ぷらそば・うどん]
キンメダイをかるく柚子で〆て天ぷらに!

[カツ丼]
一口大にしたジキンメの切り身をフライにして、タマネギやキャベツと一緒に卵とじ!

この他にもハンバーガー、ひつまぶし風、ガパオ丼、カレー、ラーメン、リゾットやグラタンなどもあります。また、金目コロッケは一度食べたら病み付きになるとも。


定番だけあってどれを食べても間違いなし

キンメダイどこで食す?

オリジナリティにとんだキンメダイ料理は日本一の水揚げ量を誇る下田ならでは。お好みの料理を求めて下田の町に繰り出そう!

宿泊施設
下田プリンスホテル ホテル伊豆急 下田ビューホテル
臨海荘 ホテル山田屋 下田聚楽ホテル
下田ベイクロシオ 下田東急ホテル 野の花亭 こむらさき
いづみ荘 下田大和館 濤亭
金谷旅館 清流荘 石橋旅館
花月亭 さくら家 下田セントラルホテル
観音温泉 海の見える小さなホテル アリエッタ オーシャンリゾートBondi
ガーデンヴィラ白浜 ゲストイン四季の里 Guest House AQUA
伊東園ホテル 橤岬 下田オーシャンパークホテル 下田海浜ホテル
ぜいもや 千代田屋旅館 呑三
パストエレガンテ 晴レ屋 ペンションアイランドアベニュー
ペンションケーズルーム白浜 ペンション桜家 和風ペンションとよしま
ペンション花帽子 ペンションラ・フィーノ ホテルいそかぜ
ホテル シーシェル ライトハウス 蓬莱館
マーレ亀吉 民宿 南風 Moon・Rivage
リゾート・イン 碁石が浜 旅館伊鈴荘 和風ペンションおがわ
飲食店
網元料理 徳造丸 一品香 磯華亭
磯料理 ゑび満 上の山亭 魚河岸
魚助 Café do Sanko 開国厨房なみなみ
回転寿司 魚どんや ごろさや
新田 寿司竹 大漁
たまきや 辻商店 なかがわ
いず松陰 NanZ VILLAGE 八龍
花水季 波布鮨 とん亭
平野屋 丸金食堂 美松寿し
美松寿し支店 むさし
料磨 柳ばし

下田であがるキンメダイは築地などの大きな市場に運ばれ、高級魚として有名料亭で供されたり、一般家庭の食卓に並んだりもします。ですが、地元ならではの新鮮な味を堪能するにはやはり下田市内で食するに限ります。「キンメダイ日本一」下田で、自慢のキンメ料理を味わいつくしましょう!

pagetop