top of page

「こめのいえ」オープン

9月15日(金)に、賀茂米穀卸株式会社のお米の販売・加工を行う新しい店舗「こめのいえ」が下田市東本郷にオープンしました。

〒415-0035 下田市東本郷1-15-9

TEL:0558-36-3711

営業時間:10:00〜18:30

定休日:日曜日


取扱品目は玄米・白米・無洗米・分搗き米です。

基本コンセプトは

"からだにやさしい"お米を提供し食生活を通じて人々の健康づくりに貢献することです。


 

「こめのいえ」について

 

推奨したいお米としては分搗き米がメインとなります。

誰もが健康には関心があり、出来るだけ身体に良い食品を摂り入れたいと考えていると思います。日々の主食であるお米、完全栄養食である玄米が栄養豊富であることは周知の通りですが、食べ難さや炊飯の手間などがネックとなり最初から敬遠される、或いは玄米食にトライしてみたものの結果的に続かないケースが多いのが実情です。また、雑穀米を取り入れている方もおりますが、雑穀米は白米に1割程度の雑穀を混ぜて炊飯するため、本来の雑穀の栄養価も1割程度しか摂取できていないことになります。また、雑穀米は白米とブレンドする手間や雑穀の価格がお米よりも高いためコストアップになっているとも言えます。一方、分搗き米(玄米と白米の中間、白米は玄米から糠を全て除去したものであるのに対し、分搗き米は糠や胚芽を一定の割合で残したものになり、一般的には七分搗き、五分搗き、三分搗きなど精白度を調整することにより玄米に近い状態から白米に近いものまで好みにより提供が可能)は栄養価も豊富(別添資料)で通常の白米と比べても違和感のない食感が維持されており、炊飯の手間もかからず、またコスト面でも雑穀米より経済的(別添資料)でもあります。

こうした普段馴染みのない分搗き米をより多くの方に知って頂き広めていきたいと思慮しております。そのための手段として試食をご用意するとともに、まずは少量(2合=300g≒茶碗4杯分)からご購入出来る量り売りのコーナーを設けております。馴染みのないものについてはどなたも不安がおありだと思いますので、お試し感覚で少量お買い上げ頂くことも必要ではないかと考えました。分搗き米も複数種類ございますので、ご自分に適ったお米を選んで頂ければと考えます。分搗き米以外にも化学肥料や農薬などの使用を抑えた特別栽培米などお試しの量り売り商品をご用意しております。

また、玄米各種を陳列したコーナーもありますので、玄米をご希望されるお客様は1キロか


らの量り売りのご購入が可能となっております。こちらの玄米コーナーでは5キロからのご注文をなりますが、併設の最新鋭精米設備にて新鮮な今搗きをさせて頂いております。当該設備では石抜き処理した玄米を低温精米機で加工し、小米除去と異物選別除去を経て製品となります。お客様のご購入された玄米を目の前で加工いたしますので精米仕立ての新鮮なお米をお持ち帰り頂けます。こちらの加工では通常の白米だけでなく前述の分搗き米各種や無洗米など、カスタムオーダーに対応しておりますのでお客様のお好みの加工がお選び頂けます。お時間の無い方はお電話などでご予約頂ければご指定のお時間までにお作りすることも可能です。また、玄米をご購入される方の中には通販をご利用のケースが多いのではないかと思われますが、多くの場合、一度に30㌔程度をご購入されるため、消費するまでには相当の期間を要することになり、お米の品質劣化が心配されます。また、送料についても最近ではコストアップとなりつつあります。こうした観点から少量からの購入が可能となることで、お客様にとってのメリットも図られるものと考えております。

昨今の温暖化に伴う異常気象は大きな問題となっておりますが、包装容器についても関心が高まっております。お米の袋は殆どが石油由来のポリエチレン等を使用しており最終的には所謂ゴミとして処分されております。当店では出来るだけ紙袋を使用するとともに、袋代はお米とは別途料金として区別させて頂いております。紙袋を使用することで次回も使用可能となり、お客様がその袋をお持ち頂ければ袋代も不要となりますし、資源の無駄も回避出来ることにも繋がるものと考えます。勿論お客様がご自分で容器や袋をご用意頂いても差し支えございません。


以上当店の方針を記述させて頂きましたが、多くの消費者の皆様がご利用されている量販店では対応が難しい商品や販売方法を通じて、日本の唯一自給出来るお米について再認識して頂き、また健康的な食生活の一助になれば幸いだと考えます。


分搗き米のメリット
.pdf
ダウンロード:PDF • 253KB

閲覧数:440回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page