伊豆下田観光協会公式サイト

translation

下田太鼓祭り太鼓の響きと御輿の掛け声が熱い

キャンドルカフェin下田

下田太鼓祭り

下田の旧町内が最高潮に盛り上がる2日間
あらゆる世代が参加して楽しむ熱狂的な祭典

毎年8月14日と15日、旧町内では氏神である八幡神社の例祭、下田太鼓祭り(正式名は下田八幡神社例大祭)が行われます。

八幡神社の例祭はかつて第二代下田奉行今村伝四郎正長公が制定したもので、シンボルとなった太鼓は、大阪夏の陣で大勝した徳川軍が大阪城に入場する節に威風堂々と士気を鼓舞して打ち鳴らした陣太鼓の様子を真似たものです。

お祭りでは供奉道具・御神輿・太鼓台が神社を基点に次々と町へ繰り出し、笛や三味線、太鼓を打ち鳴らしながら一日中町内を練り歩きます。太鼓橋や揃い打ちなど、見所も満載。下田っ子の弾けるような熱気に聴衆も思わず引き込まれる、夏の風物詩です。

祭りの主役たち

供奉道具

若い衆が少人数で担ぐ習わしとなっている供奉道具。2メートルほどの棒に榊(さかき)、矛(ほこ)、四神(ししん)のいずれかをつけたものが11基あります。

勢いのついた若い衆が、各町の意地をかけて熱く担ぎ抜く姿は大迫力。

御神輿

御神輿は、肉襦袢を着た中老が担ぐ習わしです。総重量800キログラムと言われる御神輿を、中老達は交代で担ぎます。

※供奉道具・御神輿は絶対に2階から見下ろさないようお願いします。

太鼓台

お囃子と共に巡行する太鼓台は下田町内の各町にあります。それぞれに意味のある人形が飾られ、見た目も奇麗で観光客の目を楽しませてくれます。

宮出前、参道に勢揃いした様は壮観!夜になって提灯をたくさんつけた姿も大変美しいです。

主な見どころ

見どころ 開催日時 開催場所
太鼓橋 14日に4回 15日に9回 町内各所(15日宮入直前は八幡神社前)
太鼓揃い打ち 14日 19:20頃~19:40頃 河岸通り
打ち上げ花火 14日 19:45頃〜20:00頃 河岸通り
宮入 15日 20:10頃〜 八幡神社

太鼓橋

各供奉道具を全て綱でつなぎ、掛け声とともに両側から若い衆が総出で押し上げ、その勢いで弧を描かせて橋を作る「太鼓橋」はまさに祭りの見せ場。太鼓橋が完成すると大きな歓声が上がります。

時間や場所は順路図に記載されています。

太鼓揃い打ち

偶発的に行われる揃い打ち。日時が決まっているのは14日の夜で、全ての太鼓台が港沿いに集まり、笛、三味線、太鼓を揃って一斉に演奏します。\

現在行われている主な曲は、一番「岡崎」、二番「さん切り」、三番「若竹」、四番「たかどろ」の四曲。

宮入り

祭り中ずっと町内を練り歩いた供奉道具・御神輿・太鼓台が、神社に帰る儀式です。

無事に神々を納めようとする役員達と、祭りが終わるのを惜しんでなかなか神社に入ろうとしない男衆達の葛藤が見もの。宮入後も太鼓台は再び町に繰り出し、深夜までお囃子を続けます。

会場案内

平成29年開催分パンフレットをご確認ください

祭りのスケジュールはその年によって変動します。そのため、詳細は下田市観光協会などで配布されるパンフレットで確認してください(PDFファイルでもご覧いただけます)。

パンフレットには予定表、順路、見せ場でもある太鼓橋の上げ場と時間、交通規制の時間帯と場所、臨時駐車場などの案内が掲載されています。

pagetop