伊豆下田観光協会公式サイト

translation

絶景と縁結びの名所として下田の人気観光スポットの1つが「寝姿山」。
遠くから見ると女性の寝姿に見えることからこの名前がつきました。
山頂では縁結びのご利益がある愛染堂や、下田港が一望できる展望台が各所に設けられ、コース沿いには四季折々の植物を楽しんでいただけます。

そんな寝姿山山頂へ運んでくれるのが「下田ロープウェイ」。8月1日のリニューアルオープンを終え、重厚感のあるロープウェイや山頂展望台がお客様に好評をいただいております。

寝姿山山頂の遊歩道マップ。サクサク歩くと15分程度で1周できます。展望台で絶景や通路沿いの植物、愛染堂・・などゆっくり見学していただくには1時間~1時間半くらいかかりそうです。
乗り場からたったの3分で寝姿山まで行けますよ!
車内アナウンスと下田市内の景色をお楽しみください。
山頂駅はこれから行く自然公園への期待を膨らませてくれます✨
展望レストランは8月30日営業開始!店内はまだ未公開とのことですが、水戸岡鋭治さんのこのデザイン!営業開始が待ち遠しです。
山頂駅を出るとすぐ伊豆七島の配置図と下田港の景色がお待ちかね。
この看板を見ながら、遠くに見える伊豆七島を見つけてくださいね!
テラスは透明なガラスが解放感を感じさせてくれます。

今日はソヨソヨと吹く風が心地よく、海の景色を前に、椅子に座って鳥の囀りを聞いていると涼を感じさせてくれているようでした。

テラスで休憩をしたら更なる絶景が待つ遊歩道へお進みください。
是非、ご家族やお友達、大事な人と一緒に寝姿山散策をお楽しみくださいませ!

【下田ロープウェイ】
〒415-0035 静岡県下田市東本郷1丁目3−2
0558-22-1211

今年3月末にオープンした「伊豆海鮮 瀧」。
伊豆急下田駅から、徒歩2分。
中島橋交差点。
市内で唯一のスクランブル交差点の先にある「伊豆海鮮 瀧」は、素材へのこだわりと、色々なニーズに対応したいと熱い気持ちを持つ板前さんが腕を振るうお店です。

①その日のおススメの材料をお任せで食べたい!

↓ ↓ ↓ ↓

瀧 一番人気の「海鮮丼」1680円(税別)。

②あれもこれもお得に食べたい!
↓ ↓ ↓ ↓

③ドリンク1杯サービスの「プチお食事宴会プラン」2000円 (税別)。
ドリンクは生ビールもOK(≧▽≦)!
きんめコロッケに、煮魚や刺身、ローストビーフ・・・
特に魚料理は日によって異なるそうですが、この内容で2000円はお得!
予約が必要なのでお忘れなく!!

③小さな子供がいても大丈夫・・?
↓ ↓ ↓ ↓

筆者が子供の頃憧れたオープンカーのお子様膳✨
お子様用のイスだって待機しています!

しかも、この撮影時に訪れた赤ちゃん連れのお客様からの離乳食のご要望にも快く対応。

「メニューにありましたっけ?」
「ないけどやってるよ!」

④食べたいものだけ食べたい!
↓ ↓ ↓ ↓

だったら好きなものを好きなだけ乗っけちゃいましょう\(^o^)/
一品毎に金額が加算されます。

「全部乗せ」チャレンジしてみてくださいね!

全部乗せは11000円程なので、5人くらいでシェアするのがよさそうです^^
ちなみに、まだこのオーダーはないとのこと。

⑤特別な日だから特別な場所がいいな
↓ ↓ ↓ ↓

カーテンで仕切られた席もあります。

⑥食事じゃなくて美味しいお酒がのみたいんだけど
↓ ↓ ↓ ↓

一品料理も充実!

⑦お一人様なんだけど・・・
↓ ↓ ↓ ↓

カウンターもあります。お一人様も大歓迎!
お話を伺っているうちに、「これお願いできないかな~」のニーズに最大限に寄り添い対応してくれる・・。
そんな雰囲気の板さんが切り盛りしているお店です。 ちょっと特別なオーダーは事前に相談してみてくださいね!

都会や南伊豆の旅館で20年以上活躍し、お店をオープン。下田~熱海~小田原~豊洲から仕入れ冷凍ものは一切なし。
下田港にマグロが上がると、新鮮なマグロの解体も得意。
極力、地魚を使うようにしていますが、天候によって仕入れられない場合もあるとのこと。そんな時に下田以外の仕入れ先があるのは強味でしょうか。
いつでも新鮮な海鮮をご用意しております。

豊富なメニューも気になるところ!

[伊豆海鮮 瀧]
静岡県下田市1丁目4-27
0558-36-3713
営業時間 ー 10:30~21:00 中休みなし!
定休日 ー なし!

令和元年7月1日~8月下旬の期間、毎朝9時前後、9ビーチの遊泳状況を更新します。
※天候によっては、1日のうちに遊泳状況が変わることもあります。必ず更新をしてご覧ください。
※海の状況は刻々と変化します。各海水浴場でその時々の遊泳状況を判断し反映いたします。予測としての配信は行っておりませんのでご了承ください。


↑表示されない場合は下記URLをクリックしてください
http://www2.shimoda-city.link/shimoda/FMPro?-db=mail_2.fp5&-lay=web&-format=kaisuiyokujo.html&-find

下田公園のあじさいは、6月11日に見頃を迎え満開となりました。
晴れの日もあり雨の日もあり、じめじめとした湿気の多い日も・・・今年も全天候型のあじさいを見に、たくさんのお客様にお越しいただきました。

特に今年は「雨天時でも楽しめる場所」として、カッパや傘、レインシューズを着用してお越しくださるお客様も例年に比べてたくさんいらっしゃいました。

下田公園のあじさいは満開が続いておりますが、場所によっては最盛期を下りかけています。

開国広場手前。開花も早かった場所です。最盛期を過ぎ色が変わってきました。
元々は薄い青色の西洋アジサイ。咲き始めから見頃を迎え、美しく終盤を迎えるのがあじさいでしょうか・・。

とはいえ、まだまだ最盛期を保っているものもあります!

ガクアジサイ
こちらも濃い紫がゆさゆさと風に揺れています。
ジュウニヒトエ✨
アナベル。下田公園では珍しいピンクのアナベルも今年は何か所かで見かけました。
下田公園入口より群生地やその周辺のあじさいの方が遅い開花となり、満開のものも多くみられます。
あじさい園も綺麗!
※近くまで行くと色が茶色になっているものが見えます。
このスポットは今年もたくさんのお客様の撮影ポイントになっていました^^
群生地のゴール地点。振り替えるとこの風景に出会えます。
逆回りか、振り返らないと気が付かないこの景色は特別!
360度の群生地も毎年人気の撮影スポットです。

近くまで行くと茶色に色が変色しているものも見られますが、遠くで見ると「万華鏡」のようなあじさい園はもう少し続きそう。

ここ下田公園は、開国の歴史や絶景を楽しめる展望台、北条氏の城跡(山城)など通年を通し見どころ満載のスポットです。

あじさいも、もうしばらくは楽しめそう(≧▽≦)

これをもって、今期のあじさい祭開花状況を終了します。

今年もありがとうございました!

まずはメニューをご覧ください。

【日替わり弁当】何といっても人気メニューは「全そぼろかけ」。
甘辛く炒めたそぼろとご飯がベストマッチ!
ご飯によって金額が変わります。
1週間のメニューはありません。
食材のほとんどが下田と下田近隣の食材を使用している為、仕入れ状況によって前日メニューが決まります。
冷凍食品や保存料一切使わないという、100%手作りのお弁当です。
冷凍ものではない手作りの揚げ物も人気。
腹ペコならご飯大盛り2段セットがおススメ(^^)/
個人的には間違いなく「そぼろかけ」!
「下田弁」。
特別な日や観光のお客様なら、地の魚貝も入ったこんな豪華なお弁当もいいですね(≧▽≦)
金目豪華二段重 1800円。
下田名物金目鯛の煮つけ(キンメ料理の王道!)と塩唐揚げ(キンメ料理でも珍しい!?)をそれぞれ白米の上にのせた2段中です。

地元でも人気の惣菜店「進藤惣菜店」。
お昼時に予約しないで買いに行くと売り切れてしまうことのあるので、お昼前までの予約は必須のお店。

市内の配達もしています。(場所によっては配達区域外の場所もございます)

もし、ハイキングや屋外での食事を計画しているのなら下田のお弁当も是非!

進藤惣菜店
 〒415-0017 静岡県下田市東中17−10
 0558-23-4476

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pagetop